Windows デバイスのパスワードによる保護の設定

デバイスにインストールされている Kaspersky Endpoint Security for Windows の機能と設定の管理へのユーザーのアクセスを制限できます。機能と設定にアクセスするには、ユーザーはセキュリティプロファイルの設定で指定した資格情報(ユーザー名とパスワード)を入力する必要があります。

Windows デバイスのパスワードによる保護を設定するには:

  1. Kaspersky Endpoint Security Cloud 管理コンソールを起動します
  2. セキュリティ管理]→[セキュリティプロファイル]の順に選択します。

    セキュリティプロファイル]セクションには、Kaspersky Endpoint Security Cloud で設定されたセキュリティプロファイルのリストが表示されます。

  3. リストから、パスワードによる保護を設定するデバイスのセキュリティプロファイルを選択します。
  4. プロファイル名のリンクをクリックすると、セキュリティプロファイルのプロパティウィンドウが表示されます。

    セキュリティプロファイルのプロパティウィンドウには、すべてのデバイスで使用可能な設定が表示されます。

  5. Windows]グループで、[詳細]→[インターフェイス]の順に選択します。
  6. 既定では、パスワードによる保護は無効になっています。パスワードによる保護を有効にするには、スイッチを[パスワード保護が有効です]に切り替えます。

    パスワードによる保護]ウィンドウが表示されます。

  7. パスワード]で、保護された機能と設定にアクセスするためにユーザーが入力する必要があるユーザー名とパスワードを指定します。
  8. 保存]をクリックします。

セキュリティプロファイルが適用されると、Kaspersky Endpoint Security for Windows の機能と設定がパスワードで保護されます。

以下に、パスワードで保護されている Kaspersky Endpoint Security for Windows の機能と設定を一覧で表示します。

パスワードによる保護が無効になっている場合、ユーザーは資格情報を指定せずに以下の機能と設定にアクセスできます:

Kaspersky Endpoint Security for Windows には、いくつか重要な機能と設定があります。パスワードによる保護が無効になっている場合、ユーザーはこれらの機能と設定にアクセスできません。重要な機能と設定は、次の通りです:

ページのトップに戻る