サイバーセキュリティトレーニングの受講

Kaspersky Business Hub では、アプリ内でサイバーセキュリティトレーニングを提供しています。現時点では、ベータモードにおいて悪意のあるソフトウェアのトレーニングを受講できます。Kaspersky Business Hub の将来のリリースでは、より多くのトレーニングが利用可能になる予定です。

はじめに、悪意のあるソフトウェアのトレーニングは、いくつかの関連する理論を提供します。次に、シミュレートされた Windows 環境での対話式の割り当てに進み、第 1 レベルのインシデント対応スキルを学習します。

サイバーセキュリティトレーニングを受講するには:

  1. ブラウザーで Kaspersky Business Hub にアクセスします。
  2. ユーザー名とパスワードを指定して、Kaspersky Business Hub のアカウントにログインします。
  3. 二段階認証を設定した場合は、SMS で送信されるか、認証アプリで生成されるワンタイムセキュリティコードを入力します(設定した二段階認証方法によって異なります)。
  4. トレーニング]タブをクリックします。
  5. 悪意のあるソフトウェアのトレーニングを開始するには、[デモトレーニングを開始]をクリックします。

    初めてトレーニングを開始すると、ボタン名が[トレーニングを再起動]に変わります。

  6. トレーニングに従います。

悪意のあるソフトウェアのトレーニングを受講します。

トレーニングを完了すると、次のことができるようになります:

ページのトップに戻る