コマンドラインを使用したタスク設定の編集

コマンドラインを使用してタスク設定を編集するには:

  1. 必要な設定の値を指定します:

    kesl-control --set-settings <タスク ID>|<タスク名> <setting=value> [<setting=value>]

    指定された設定が変更されます。

    許可リストを変更する場合や、すべてのアプリケーションの起動を禁止する場合、またはアプリケーションコントロールタスク設定で Kaspersky Endpoint Security の動作に影響を与えるアプリケーションの起動を禁止する場合は、-accept フラグを指定して --set-settings コマンドを実行します。

  2. タスク設定情報ファイル内で、設定値が変更されていることを確認します:

    kesl-control --get-settings <タスク ID>|<タスク名>

すべての設定を指定せずに新しいスキャン範囲または除外範囲を追加する場合、既定設定値の範囲が設定情報ファイルに追加されます。

例:

新しいスキャン範囲を指定するには、次のコマンドを実行します:

kesl-control --set-settings 100 ScanScope.item_0001.UseScanArea=Yes ScanScope.item_0001.Path=/home

ID=100 を含むタスク設定情報ファイルに、スキャン範囲に関する新しいセクションが追加されます:

[ScanScope.item_0001]

AreaDesc=

UseScanArea=Yes

Path=/home

AreaMask.item_0000=*

ページのトップに戻る