ファイル脅威対策タスク(File_Threat_Protection、ID:1)

ファイル脅威対策は、コンピューターのファイルシステムへの感染を防止します。ファイル脅威対策タスクは、本製品をコンピューターにインストールする時に、既定の設定で自動的に作成されます。既定では、ファイル脅威対策タスクは製品の起動時に自動的に開始されます。タスクはコンピューターのメモリに常駐し、開いたファイル、保存されたファイル、アクティブなファイルをすべてスキャンします。

ファイル脅威対策タスクの実行中に、製品の全般設定NamespaceMonitoring パラメータの値が Yes に設定している場合、サポートされる全オペレーティングシステムの名前空間がすべてスキャンされます。

さらに、Astra Linux の場合、オブジェクトスキャンタスク(Scan_File)を実行することで、別の名前空間からのファイルのスキャンが可能になります(必須のセッション内)。

ファイル脅威対策タスクをコマンドラインから開始または停止するには、Administrator ロール権限が必要です。

カスタムのファイル脅威対策タスクは作成できません。ファイル脅威対策タスクの既定の設定を変更できます。

設定情報ファイルには、ファイル脅威対策タスク設定の値が含まれています。

このセクションの内容

シンボリックリンクとハードリンクのスキャンに関する特別な考慮事項

ファイル脅威対策タスクの設定

グローバル除外範囲の指定

ページのトップに戻る