アップデートタスク(Update、ID:6)

Kaspersky Endpoint Security の定義データベースとソフトウェアモジュールをアップデートすることで、コンピューターの最新の保護状態が保たれます。世界中で日々新たなウイルスやマルウェアが出現しています。定義データベースには、脅威に関する情報とその脅威を無害化する方法が記録されています。迅速に脅威を検知するには、定期的に定義データベースとソフトウェアモジュールをアップデートしてください。

定義データベースの定期的なアップデートには、製品の有効なライセンスが必要です。有効なライセンスがない場合は、1 回のみアップデートを実行できます。

主なアップデート元は、カスペルスキーのアップデートサーバーです。

カスペルスキーのアップデートサーバーからアップデートパッケージを正常にダウンロードするには、コンピューターのインターネット接続が必要です。既定では、インターネット接続設定が自動的に決定されます。プロキシサーバーを使用する場合、接続設定の調整が必要です。アップデートパッケージは、アップデートタスクを使用してダウンロードされます。

アップデート中に、以下のオブジェクトがダウンロードされ、コンピューターにインストールされます:

アップデートの際、コンピューター上の製品と定義データベースが、アップデート元の最新バージョンと比較されます。現在の定義データベースやソフトウェアモジュールが最新バージョンと異なる場合は、アップデートの不足している部分がコンピューターにインストールされます。

定義データベースが長期間アップデートされていない場合、アップデートパッケージのサイズが大きくなり、インターネットのトラフィック量が増えることがあります(最大数十 MB)。ディスク容量は最大 3 GB です。

このセクションの内容

アップデート元の概要

アップデートタスクの設定

ページのトップに戻る