保管領域の管理タスク(Backup、ID:10)

保管領域は、駆除プロセス中に削除または変更されたファイルのバックアップコピーのリストです。バックアップコピーは、ファイルの駆除または削除の初回試行の前に作成されたファイルのコピーです。ファイルのバックアップコピーは特別な形式で保存され、脅威はありません。

既定では、保管領域は /var/opt/kaspersky/kesl/common/objects-backup/ ディレクトリにあります。保管領域内のファイルには個人データが含まれる場合があります。保管領域内のファイルにアクセスするには、ルート権限が必要です。

駆除中に、ファイルの整合性を維持できないことがあります。駆除した後、駆除されたファイルの重要な情報に部分的または完全にアクセスできなくなった場合は、駆除されたファイルのコピーを元のディレクトリに復元することを試行できます。

このセクションの内容

保管領域の管理タスクの設定

保管領域にあるオブジェクトの ID の表示

保管領域からのオブジェクトの復元

保管領域からのオブジェクトの削除

ページのトップに戻る