[保護範囲]ウィンドウ

この表には、アンチクリプターコンポーネントの保護範囲が表示されます。表で指定されたパス内のファイルとディレクトリをすべてスキャンします。表には既定で、すべての共有ディレクトリを対象とする 1 つの保護範囲が表示されています。

保護範囲設定

設定

説明

範囲名

保護範囲名。

パス

保護されるディレクトリへのパス。

ステータス

この範囲がスキャンされるかどうかを示します。この表の切り替えボタンでオンまたはオフにして、保護範囲のステータスを変更できます。

表内の項目に対して可能な操作は次の通りです:追加編集削除上に移動下に移動

指定された範囲にあるオブジェクトは、保護範囲の表の並び順で保護されます。必要に応じて、サブディレクトリを親ディレクトリよりもリストの上に配置し、親ディレクトリとは異なるセキュリティ設定をサブディレクトリに設定します。

ページのトップに戻る