ポリシーの作成

ポリシーを作成するには:

  1. Kaspersky Security Center の管理コンソールを開きます。
  2. 次のいずれかの操作を実行します:
    • 管理対象デバイス]フォルダーを選択して、Kaspersky Security Center によって管理されるすべてのデバイスに対してポリシーを作成します。
    • 管理対象デバイス]フォルダーで、必要なデバイスが含まれる管理グループ名のフォルダーを選択します。
  3. 作業領域で、[ポリシー]タブを選択します。
  4. 次のいずれかの方法で、新規ポリシーウィザードを開始します:
    • 新規ポリシー]をクリックします。
    • ポリシーのコンテキストメニューで、[新規]→[ポリシー]の順に選択します。
  5. ドロップダウンリストで、[Kaspersky Endpoint Security 11.3.0 for Linux]を選択します。

    次のステップに進みます。

  6. 作成するポリシーの名前を入力します。

    次のステップに進みます。

  7. 作成中のポリシーで以前のバージョンの Kaspersky Endpoint Security ポリシーの設定を使用するには、[旧バージョンのアプリケーションのポリシー設定を使用する]をオンにします。

    次のステップに進みます。

  8. Kaspersky Security Network を使用するかどうかを決定します。Kaspersky Security Network に関する声明を読んで内容を確認したら、次のいずれかを行います:
    • 声明のすべての条件に同意し、本製品で Kaspersky Security Network を使用する場合は、[Kaspersky Security Network に関する声明をすべて確認し、理解した上で条項に同意する]をオンにします。
    • Kaspersky Security Network を使用しない場合は、[Kaspersky Security Network に関する声明の条項に同意しない]をオンにして、表示されるウィンドウで決定内容を確認します。

    必要に応じて、Kaspersky Security Network を使用するかどうかの決定は、後で変更することもできます。

    次のステップに進みます。

  9. 必要に応じて、ファイル脅威対策を設定します。

    次のステップに進みます。

  10. 必要に応じて、既定のスキャン設定を変更します。

    次のステップに進みます。

  11. 必要に応じて、除外範囲を設定します。

    次のステップに進みます。

  12. 必要に応じて、感染したオブジェクトに対する既定の処理を変更します。

    次のステップに進みます。

  13. 新規ポリシーウィザードを完了します。

ページのトップに戻る