手動によるタスクの開始、停止、一時停止、再開

Kaspersky Endpoint Security がクライアントデバイスで[実行中]の場合、Kaspersky Security Center を使用してクライアントデバイスでのタスクを開始、停止、一時停止、および再開することができます。Kaspersky Endpoint Security が一時停止されると、実行中のタスクも一時停止され、Kaspersky Security Center を使用してタスクの開始、停止、一時停止、再開ができなくなります。

ローカルタスクを開始、停止、一時停止、再開するには:

  1. Kaspersky Security Center の管理コンソールを開きます。
  2. 管理対象デバイス]フォルダーで、対象のデバイスを含む管理グループの名前が付いているフォルダーを開きます。
  3. 作業領域で、[デバイス]タブを選択します。
  4. 管理対象デバイスのリストで、ローカルタスクを開始、停止、一時停止、または再開するデバイスを選択します。
  5. デバイスのコンテキストメニューで、[プロパティ]を選択します。
  6. <ホスト名>のプロパティウィンドウで、[タスク]セクションを選択します。

    ウィンドウの右側にローカルタスクのリストが表示されます。

  7. 開始、停止、一時停止、または再開するローカルタスクを選択します。
  8. 次のいずれかの操作を実行します:
    • ローカルタスクのコンテキストメニューで、[開始]/[停止]/[一時停止]/[再開]を選択します。
    • ローカルタスクを開始または停止するには、ローカルタスクのリストの右側にあるボタン( または )をクリックします。
    • ローカルタスクのリストにおいて[プロパティ]をクリックし、[一般]タブ上で、開いた[<ローカルタスク名>のプロパティ]ウィンドウで、[開始]/[停止]/[一時停止]/[再開]をクリックします。

グループタスクを開始、停止、一時停止、再開するには:

  1. Kaspersky Security Center の管理コンソールを開きます。
  2. 管理対象デバイス]フォルダーで、グループタスクを開始、停止、一時停止、または再開する管理グループの名前が付いているフォルダーを選択します。
  3. 作業領域で、[タスク]タブを選択します。

    ウィンドウの右側にグループタスクのリストが表示されます。

  4. 開始、停止、一時停止、再開するグループタスクを選択します。
  5. グループタスクのコンテキストメニューで、[開始]/[停止]/[一時停止]/[再開]を選択します。

ページのトップに戻る