デバイスを Kaspersky Security Center へ接続する方法

Kaspersky Endpoint Security for Android をモバイルデバイスにインストールした後、デバイスを Kaspersky Security Center へ接続できます。デバイスと Kaspersky Security Center の接続に必要なデータが、設定ファイルに記載されたその他の設定とともにモバイルデバイスに転送されます。デバイスを Kaspersky Security Center と接続した後、グループポリシーを使用して本アプリを一元的に設定できます。本アプリのパフォーマンスに関するレポートや統計情報の受信も可能です。

Kaspersky Security Center をデバイスに接続する前に、次の条件を満たしているかどうかを確認してください:

デバイスを Kaspersky Security Center へ接続する前に、次のことを行っておくことを推奨します:

デバイスと Kaspersky Security Center を接続するには:

  1. EMM コンソールで、Kaspersky Endpoint Security for Android アプリの設定を開きます。
  2. KscServer]フィールドに、Kaspersky Security Center 管理サーバーの DNS 名または IP アドレスを入力します。既定のポートは 13292 です。
  3. Kaspersky Endpoint Security for Android の通知をモバイルデバイスに表示したくない場合は、アプリの通知を無効にできます。表示を無効にするには、DisableNotification = True と設定します。

    これにより、デバイスが Kaspersky Security Center へ接続するまで、本アプリはアンチウイルスの通知のみ(定義データベースのアップデートの通知など)を表示するようになります。接続後、本アプリはすべての通知を表示します。特定のアプリの通知を、ポリシーの設定で無効に設定できます

    Kaspersky Security Center を使用しない場合は、アプリの通知を無効にしないでください。無効にすると、ライセンスの有効期限に関する通知をユーザーが受け取れなくなる可能性があります。ライセンスの有効期間が終了すると、本アプリの機能が実行されなくなります。

接続設定の編集後、Kaspersky Endpoint Security for Android は次の権限および許可を要求する通知を表示します:

ユーザーが必要な権限と許可を付与すると、デバイスが Kaspersky Security Center へ接続されます。管理グループへデバイスを自動的に移動するルールを作成していない場合、デバイスは未割り当てデバイス]フォルダーに追加されます。管理グループへデバイスを自動的に移動するルールを作成していた場合、デバイスは定義済みのグループに追加されます。

デバイスが Kaspersky Security Center へ接続された後、本アプリの設定はグループポリシーで設定された内容に変更されます。EMM コンソールで編集された設定ファイルにある本アプリの設定は無視されます。ポリシーのすべてのセクションで設定を編集できますが、次のセクションは編集できません:

作業プロファイルの導入に使用する方法により、[Android 仕事用プロファイル]セクションからグループポリシーの設定を適用することができません。これらの設定は、Kaspersky Security Center を使用して仕事用プロファイルが作成された場合にのみ設定可能です。

ページのトップに戻る