Kaspersky Endpoint Security for Android の通知設定

Kaspersky Endpoint Security for Android の通知をモバイルデバイスに表示したくない場合は、特定の通知を無効にできます。

Kaspersky Endpoint Security は次のツールを使用して、端末の保護ステータスを表示します:

既定では、Kaspersky Endpoint Security for Android の通知はすべて有効になっています。

Android デバイスのユーザーは、通知バーの設定で、Kaspersky Endpoint Security for Android からの通知をすべて無効にできます。通知を無効にすると、本アプリの動作が監視されないので、重要な通知を見逃してしまう場合もあります(Kaspersky Security Center とデバイスの同期が失敗した場合の情報など)。この場合、動作の状態を確認するには、Kaspersky Endpoint Security for Android を開く必要があります。

Kaspersky Endpoint Security for Android の動作に関する通知の表示を設定するには:

  1. コンソールツリーの[管理対象デバイス]フォルダーで、デバイスが属する管理グループを選択します。
  2. 選択したグループの作業領域で、[ポリシー]タブを選択します。
  3. 任意の列をダブルクリックして、ポリシーのプロパティウィンドウを開きます。
  4. プロパティウィンドウで、[詳細]セクションを選択します。
  5. アプリの通知]セクションで、[設定]をクリックします。

    デバイスの通知設定]ウィンドウが開きます。

  6. ユーザーのモバイルデバイスで非表示にする Kaspersky Endpoint Security for Android の問題を選択し、[OK]をクリックします。

    保護ステータスの通知に表示する問題や、本アプリのステータスセクションに表示される問題が表示されなくなります。保護ステータスに関する通知と、本アプリの通知は表示されます。

    表示が必須である一部の問題の通知は、無効にできません(ライセンスの有効期限切れに関する問題など)。

  7. 通知とポップアップメッセージをすべて非表示にするには、[本アプリをバックグラウンドで実行しているときは通知やポップアップを無効にする]をオンにします。

    保護ステータスに関する通知のみが表示されるようになります。通知には、端末の保護ステータス(例:)と、問題の数が表示されます。また、ユーザーが本アプリを操作している場合も、通知が表示されます(例:定義データベースを手動でアップデートするなど)。

    カスペルスキーでは、通知とポップアップメッセージの有効化を推奨しています。バックグラウンドモードで通知とポップアップメッセージを無効にすると、本アプリは脅威に関する警告をユーザーにリアルタイムで通知しなくなります。モバイルデバイスのユーザーが端末の保護ステータスを知るのは、本アプリを開いた時のみとなります。

  8. 適用]をクリックして、変更を保存します。

モバイルデバイスと Kaspersky Security Center との次回の同期時に、デバイスに設定が適用されます。無効にした Kaspersky Endpoint Security for Android の通知が、ユーザーのモバイルデバイスで表示されなくなります。

ページのトップに戻る