モバイルデバイスへのコマンドの送信

紛失したデバイスや盗難にあったデバイスのデータを保護するため、特別なコマンドを送信できます(下の表を参照)。

紛失したデバイスや盗難にあったデバイスのデータを保護するためのコマンド

Kaspersky Security Center に接続する方法

コマンド

コマンドの実行結果

Kaspersky Endpoint Security for Android

 

ロック

モバイルデバイスがロックされます。

ロック解除

Android 4.1 - 6.X のモバイルデバイスでロックを解除すると、画面ロックの解除パスワード(PIN コード)は「1234」にリセットされます。Android 7.0 以降のデバイスでは、ロックの解除後も画面ロックの解除パスワードは変更されません。

デバイスの GPS 追跡

デバイスの位置が追跡され、Google Maps に表示されます。SMS の送信およびインターネットアクセスにかかる費用は有料です。

遠隔撮影

モバイルデバイスがロックされます。デバイスのロックを誰かが解除しようとすると、デバイスのフロントカメラで写真が遠隔撮影されます。SMS の送信およびインターネットアクセスにかかる費用は有料です。

デバイスのロック解除を試行すると、ユーザーは遠隔撮影に自動的に同意したことになります。

遠隔アラーム

モバイルデバイスのアラームが作動します。アラームは 5 分間作動します(デバイスのバッテリーが少ない場合は 1 分)。

企業データを消去する

コンテナーデータ、会社のメールアカウント、会社の Wi-Fi ネットワークと VPN への接続設定、アクセスポイント名(APN)、Android 仕事用プロファイル、KNOX のコンテナー、KNOX License Manager ライセンスを消去します。

出荷時の設定にリセットする

すべてのデータがモバイルデバイスから削除され、設定が工場出荷時の値にロールバックされます。このコマンドの実行後、デバイスはそれ以降のコマンドを受信または実行できなくなります。

iOS MDM プロファイル

ロック

モバイルデバイスがロックされます。

ロック解除

PIN コードによるモバイルデバイスのロックは無効です。以前に指定された PIN コードはリセットされました。

企業データを消去する

インストール済みの設定プロファイル、プロビジョニングプロファイル、iOS MDM プロファイル、[iOS MDM プロファイルと一緒に削除する]がオンのアプリ、これらはすべてデバイスから削除されます。

出荷時の設定にリセットする

すべてのデータがモバイルデバイスから削除され、設定が工場出荷時の値にロールバックされます。このコマンドの実行後、デバイスはそれ以降のコマンドを受信または実行できなくなります。

Exchange メールボックス

出荷時の設定にリセットする

すべてのデータがモバイルデバイスから削除され、設定が工場出荷時の値にロールバックされます。このコマンドの実行後、デバイスはそれ以降のコマンドを受信または実行できなくなります。

Kaspersky Endpoint Security for Android のコマンドの実行には、特別な権限が必要です。初期設定ウィザードの実行時に、必要なすべての権限を Kaspersky Endpoint Security for Android に付与するよう要求されます。このステップはスキップできます。また、後からデバイスの設定で権限を無効にすることもできます。その場合、コマンドを実行することはできません。

Android 10.0 以降のデバイスの場合、位置情報へのアクセス権を常に許可するように設定する必要があります。Android 11.0 以降のデバイスの場合、カメラへのアクセス権をアプリの使用時のみ許可するように設定する必要があります。設定しない場合、盗難対策コマンドが動作しません。動作の制限に関する通知が表示され、必要なレベルのアクセス権を許可するように再度要求されます。カメラへのアクセス権を今回のみ許可するオプションをユーザーが選択すると、本アプリはアクセス権が許可されたと判断します。カメラへのアクセス権が再度要求される場合は、ユーザーに直接確認することを推奨します。

管理コンソールのモバイルデバイスリストからコマンドを送信する方法については、Kaspersky Security Center のヘルプを参照してください。

ページのトップに戻る