コマンドラインを使用しての製品のインストール

Kaspersky Endpoint Security は次のいずれかのモードでコマンドラインを使用してインストールできます。

本製品をインストールまたは以前のバージョンからアップグレードするには:

  1. 管理者としてコマンドラインインタープリタ(cmd.exe)を実行します。
  2. Kaspersky Endpoint Security の配布パッケージがあるフォルダーに移動します。
  3. 次のコマンドを実行します:

    setup_kes.exe /pEULA=1 /pPRIVACYPOLICY=1 [/pKSN=1|0] [/pALLOWREBOOT=1|0] [/pSKIPPRODUCTCHECK=1|0] [/pSKIPPRODUCTUNINSTALL=1|0] [/pKLLOGIN=<ユーザー名> /pKLPASSWD=<パスワード> /pKLPASSWDAREA=<パスワードを要求する操作>] [/pENABLETRACES=1|0 /pTRACESLEVEL=<トレースレベル>] [/s]

    または

    msiexec /i <配信キット名> EULA=1 PRIVACYPOLICY=1 [KSN=1|0] [ALLOWREBOOT=1|0] [SKIPPRODUCTCHECK=1|0] [SKIPPRODUCTUNINSTALL=1|0] [KLLOGIN=<ユーザー名> KLPASSWD=<パスワード> KLPASSWDAREA=<パスワードを要求する操作>] [ENABLETRACES=1|0 TRACESLEVEL=<トレースレベル>] [/qn]

    EULA=1

    使用許諾契約書の条項に同意する。使用許諾契約書のテキストは、Kaspersky Endpoint Security の配信キットに含まれています。

    製品をインストールまたはアップグレードするには、使用許諾契約書に同意する必要があります。

    PRIVACYPOLICY=1

    プライバシーポリシーに同意する。プライバシーポリシーのテキストは、Kaspersky Endpoint Security の配信キットに含まれています。

    本製品のインストールおよびバージョンのアップグレードには、プライバシーポリシーに同意する必要があります。

    KSN

    Kaspersky Security Network への参加に同意するかどうか。このパラメータの値が指定されていない場合、Kaspersky Endpoint Security を最初に起動したときに、KSN への参加に同意するかどうかの確認画面が表示されます。次の値を設定できます:

    • 1:KSN への参加に同意する
    • 0:KSN への参加に同意しない(既定値)

      Kaspersky Endpoint Security の配布パッケージは、Kaspersky Security Network とともに使用するように最適化されています。Kaspersky Security Network に参加しない場合、インストール後すぐに Kaspersky Endpoint Security をアップデートしてください。

    ALLOWREBOOT=1

    製品のインストール後またはアップグレード後にコンピューターの再起動が必要な場合に自動再起動を行うかどうか。このパラメータの値が指定されていない場合、コンピューターの自動再起動はブロックされます。

    Kaspersky Endpoint Security のインストールでは再起動は必要ありません。インストール前に競合するアプリケーションをアンインストールする必要がある場合にのみ再起動が必要になります。製品バージョンのアップデートでも、再起動が必要になる場合があります。

    SKIPPRODUCTCHECK=1

    競合する製品のチェックの実行を無効にするかどうか。競合する製品のリストは、配信キットに含まれている incompatible.txt ファイルで参照できます。このパラメータの値が指定されておらず、互換性のない製品が検知された場合、Kaspersky Endpoint Security のインストールは終了します。

    SKIPPRODUCTUNINSTALL=1

    競合する製品を検知したときに自動的に削除するかどうか。このパラメータの値が指定されていない場合、Kaspersky Endpoint Security は互換性のないソフトウェアの削除を試みます。

    KLLOGIN

    Kaspersky Endpoint Security の機能と設定にアクセスできるユーザー名の指定(パスワードによる保護機能)。ユーザー名は、「KLPASSWD」および「KLPASSWDAREA」の設定と合わせて指定します。既定では、ユーザー名 KLAdmin が使用されます。

    KLPASSWD

    Kaspersky Endpoint Security の機能と設定にアクセスするためのパスワード(パスワードは「KLLOGIN」および「KLPASSWDAREA」パラメータと合わせて指定します)。

    KLLOGIN」パラメータでユーザー名を指定せずにパスワードを指定した場合、KLAdmin が既定のユーザー名として使用されます。

    KLPASSWDAREA

    Kaspersky Endpoint Security の機能と設定にアクセスするためのパスワードが必要になる操作の範囲。この範囲内に含まれている操作をユーザーが実行しようとした場合、Kaspersky Endpoint Security でアカウントの認証情報の入力を求められます(「KLLOGIN」と「KLPASSWD」パラメータ)。複数の値を指定するには、区切り文字として「;」を使用してください。次の値を設定できます:

    • SET:製品設定の変更
    • EXIT:製品の終了
    • DISPROTECT:保護機能の停止とスキャンタスクの停止
    • DISPOLICY:Kaspersky Security Center ポリシーの無効化
    • UNINST:コンピューターからの製品の削除
    • DISCTRL:管理コンポーネントの停止
    • REMOVELIC:ライセンスの削除
    • REPORTS:レポートの表示

    ENABLETRACES

    本製品のトレース記録を有効にするかどうか。Kaspersky Endpoint Security は、起動後にトレースファイルを「%ProgramData%\Kaspersky Lab\KES\Traces」フォルダーに保存します。次の値を設定できます:

    • 1:トレース記録をオンにする
    • 0:トレース記録をオフにする(既定値)

    TRACESLEVEL

    トレース記録の詳細度。次の値を設定できます:

    • 100(緊急):深刻なエラーに関するメッセージのみ。
    • 200(高):深刻なエラーを含めたすべてのエラーに関するメッセージ。
    • 300(診断):すべてのエラーに関するメッセージと、一部の警告を含むメッセージ。
    • 400(重要):すべてのエラーに関するメッセージとすべての警告および詳細情報。
    • 500(通常):すべてのエラーに関するメッセージとすべての警告、および正常な動作に関する詳細情報を含むメッセージ(既定値)。
    • 600(低):すべてのメッセージ。

    AMPPL

    AM-PPL 技術(Antimalware Protected Process Light)を使用した Kaspersky Endpoint Security プロセスの保護を有効にするかどうか。AM-PPL 技術について詳しくは、Microsoft の Web サイトの情報を参照してください。

    AM-PPL 技術は Windows 10 バージョン 1703(RS2)以降および Windows Server 2019 で利用できます。

    次の値を設定できます:

    • 1:AM-PPL 技術を使用した Kaspersky Endpoint Security プロセスの保護を有効にする
    • 0:AM-PPL 技術を使用した Kaspersky Endpoint Security プロセスの保護を無効にする

    RESTAPI

    REST API を使用した製品の管理。REST API を使用して製品を管理するには、ユーザー名(RESTAPI_User パラメータ)を指定する必要があります。

    次の値を設定できます:

    • 1 – REST API による管理を許可する
    • 0 – REST API による管理をブロックする(既定値)

      REST API を使用して製品を管理するには、管理システムを使用した管理を許可する必要があります。許可するには、AdminKitConnector=1 パラメータを設定します。REST API を使用して製品を管理する場合、カスペルスキーの管理システムを使用して製品を管理することはできません。

    RESTAPI_User

    REST API による製品の管理に使用する Windows ドメインアカウントのユーザー名。REST API による製品の管理はこのユーザーのみ実行できます。ユーザー名は、<ドメイン>\<ユーザー名> の形式で入力します(例:RESTAPI_User=COMPANY\Administrator)。REST API を利用するユーザーは 1 人しか選択できません。

    REST API を使用して製品を管理するには、ユーザー名の追加は必須です。

    RESTAPI_Port

    REST API による製品の管理に使用するポート。既定ではポート 6782 が使用されます。

    ADMINKITCONNECTOR

    管理システムを使用した製品管理。管理システムには、Kaspersky Security Center などが含まれます。カスペルスキーの管理システムに加えて、サードパーティ製ソリューションを使用することもできます。Kaspersky Endpoint Security はそのための API を提供します。

    次の値を設定できます:

    • 1 – 管理システムを利用した製品管理を許可します(既定値)。
    • 0 – ローカルインターフェイスを利用した製品管理のみを許可します。

    例:

    setup_kes.exe /pEULA=1 /pPRIVACYPOLICY=1 /pKSN=1 /pALLOWREBOOT=1

    msiexec /i kes_win.msi EULA=1 PRIVACYPOLICY=1 KSN=1 KLLOGIN=Admin KLPASSWD=Password KLPASSWDAREA=EXIT;DISPOLICY;UNINST /qn

    setup_kes.exe /pEULA=1 /pPRIVACYPOLICY=1 /pKSN=1 /pENABLETRACES=1 /pTRACESLEVEL=600 /s

setup.ini ファイルでアクティベーションコードを指定していない限り、Kaspersky Endpoint Security のインストール後、試用版ライセンスでアクティベーションが行われます。通常、試用版ライセンスには短い有効期間が設定されています。試用版ライセンスの有効期間が終了すると、すべての Kaspersky Endpoint Security 機能が無効になります。製品を引き続き使用するには、アクティベーションウィザードまたは専用のコマンドを使用して、製品版ライセンスで本製品をアクティベートする必要があります。

サイレントモードで製品をインストールまたはアップグレードする場合、以下のファイルの使用がサポートされています:

setup.ini ファイル、install.cfg ファイル、setup.reg ファイルの設定を適用するには、これらのファイルを Kaspersky Endpoint Security の配布パッケージと同じフォルダーに配置します。setup.reg ファイルを別のフォルダーに配置することもできます。この場合、アプリケーションのインストールコマンドで次のようにパスを指定する必要があります:SETUPREG=<setup.reg ファイルのパス>

ページのトップに戻る