BitLocker で保護されたハードドライブへのアクセスの復元

ユーザーが BitLocker で暗号化されたハードドライブにアクセスするためのパスワードを忘れた場合は、復元手順(要求と応答)を開始する必要があります。

コンピューターのオペレーティングシステムで連邦情報処理標準(FIPS)準拠モードが有効になっている場合、Windows 8 以前のオペレーティングシステムでは、暗号化の前に回復キーのファイルがリムーバブルドライブに保存されます。ドライブへのアクセスを復旧するには、リムーバブルドライブを接続し、画面上の指示に従います。

BitLocker によって暗号化されたハードドライブへのアクセスは、次の復元手順で構成されます:

  1. ユーザーは、管理者に回復キーの ID を伝えます(下の図を参照)。
  2. 管理者は、Kaspersky Security Center のコンピューターのプロパティで回復キーのIDを確認します。ユーザーが提供した ID は、コンピューターのプロパティに表示される ID と一致する必要があります。
  3. 回復キーの ID が一致する場合、管理者はユーザーに回復キーを提供するか、回復キーのファイルを送信します。

    回復キーのファイルは、次のオペレーティングシステムを実行しているコンピューターに使用されます:

    • Windows 7
    • Windows 8
    • Windows Server 2008
    • Windows Server 2011
    • Windows Server 2012

    他のすべてのオペレーティングシステムでは、回復キーが使用されます。

  4. ユーザーは回復キーを入力し、ハードドライブにアクセスします。

    BitLocker で暗号化されたハードドライブへのアクセスの復元

システムドライブへのアクセスの復元

復元手順を開始するには、ユーザーはプリブート認証段階で Esc キーを押す必要があります。

管理コンソール(MMC)で BitLocker によって暗号化されたシステムドライブの回復キーを表示する方法

Web コンソールまたは Cloud コンソールで BitLocker で暗号化されたシステムドライブの回復キーを表示する方法

オペレーティングシステムが読み込まれた後、Kaspersky Endpoint Security はユーザーにパスワードまたは PIN コードを変更するよう促します。新しいパスワードまたは PIN コードを設定した後、BitLocker は新しいマスター鍵を作成し、その鍵を Kaspersky Security Center に送ります。回復キーおよび回復キーファイルが更新されます。ユーザーがパスワードを変更していない場合は、オペレーティングシステムが次に読み込まれるときに古い回復キーを使用できます。

Windows 7 搭載のコンピューターでは、パスワードまたは PIN コードの変更が許可されません。回復キーが入力され、オペレーティングシステムが読み込まれた後は、Kaspersky Endpoint Security はユーザーにパスワードまたは PIN コードを変更するよう促しません。このため、新しいパスワードまたは PIN コードを設定することはできません。この問題はこのオペレーティングシステム特有です。続行するには、ハードドライブを再度暗号化する必要があります。

システムドライブ以外のドライブへのアクセスの復元

復元手順を開始するには、ユーザーがドライブへのアクセスを提供するウィンドウでパスワードを忘れた場合のリンクをクリックする必要があります。暗号化されたドライブにアクセスした後、ユーザーは BitLocker の設定で Windows 認証中にドライブの自動ロック解除を有効にできます。

管理コンソール(MMC)で BitLocker によって暗号化されたシステムドライブ以外のドライブの回復キーを表示する方法

Web コンソールおよび Cloud コンソールで BitLocker で暗号化されたシステムドライブ以外のドライブの回復キーを表示する方法

ページのトップに戻る