[KES+KEA] 設定から [KES11.7.0] への移行

Kaspersky Endpoint Security 11.7.0 には Kaspersky Endpoint Detection and Response Optimum 2.0(EDR Optimum)および Kaspersky Sandbox 2.0 向けの組み込みエージェントが含まれています。これらのソリューションと連携するために Kaspersky Endpoint Agent を別途インストールする必要がなくなりました。Kaspersky Endpoint Security をバージョン 11.7.0 にアップグレードする際、EDR Optimum および Kaspersky Sandbox ソリューションは Kaspersky Endpoint Security との連携を保持します。さらに、Kaspersky Endpoint Agent はコンピューターから削除されます。

[KES+KEA] 設定から [KES11.7.0] への移行には次の手順が含まれます:

  1. Kaspersky Security Center のアップグレード

    ユーザーのコンピューター上にある管理エージェントと Web コンソールを含むすべての Kaspersky Security Center コンポーネントをバージョン 13.2 にアップグレードします。

  2. Kaspersky Endpoint Security Web プラグインのアップグレード

    Kaspersky Security Center Web コンソールで、Kaspersky Endpoint Security Web プラグインをバージョン 11.7.0 にアップグレードします。EDR Optimum および Kaspersky Sandbox コンポーネントを管理するには、Web コンソールを使用する必要があります。

  3. ポリシーおよびタスクの移行

    Kaspersky Endpoint Agent のポリシーおよびタスクの移行ウィザードを使用して Kaspersky Endpoint Agent の設定を Kaspersky Endpoint Security for Windows に移行します。

    これにより、新規の Kaspersky Endpoint Security のポリシーが作成されます。新しいポリシーのステータスは無効になっています。ポリシーを適用するには、ポリシーのプロパティを開いて Kaspersky Security Network に関する声明に同意して状態を有効にします。

  4. ライセンス機能

    共通の Kaspersky Endpoint Detection and Response Optimum または Kaspersky Optimum Security ライセンスを使用して Kaspersky Endpoint Security for Windows および Kaspersky Endpoint Agent をアクティベートした場合は、本製品をバージョン 11.7.0 にアップグレードした後に EDR Optimum 機能は自動的にアクティベートされます。追加で操作する必要はありません。

    スタンドアロンの Kaspersky Endpoint Detection and Response Optimum アドオンのライセンスを使用して EDR Optimum 機能をアクティベートした場合は、EDR Optimum のライセンスが Kaspersky Security Center リポジトリに追加されていて、ライセンスの自動配信機能が有効になっていることを確認してください。本製品をバージョン 11.7.0 にアップグレードした後に、EDR Optimum 機能が自動的にアクティベートされます。

    Kaspersky Endpoint Detection and Response Optimum または Kaspersky Optimum Security ライセンスを使用して Kaspersky Endpoint Agent をアクティベートしており、別のライセンスを使用して Kaspersky Endpoint Security for Windows をアクティベートしていた場合、Kaspersky Endpoint Security for Windows のライセンスを共通の Kaspersky Endpoint Detection and Response Optimum または Kaspersky Optimum Security のライセンスで置き換える必要があります。ライセンスは[ライセンスの追加]タスクを使用して置き換えることができます。

    Kaspersky Sandbox 機能をアクティベートする必要はありません。Kaspersky Sandbox 機能は Kaspersky Endpoint Security for Windows をアップグレードおよびアクティベートした後すぐに利用可能になります。

  5. Kaspersky Endpoint Security のアップグレード

    本製品のアップグレードと、EDR Optimum および Kaspersky Sandbox 機能を移行するには、リモートインストールタスクの使用を推奨します。

    本製品をリモートインストールタスクを使用してアップグレードするには、次の設定を変更する必要があります:

    • インストールパッケージの設定で Endpoint Detection and Response Optimum または Kaspersky Sandbox コンポーネントを選択します。
    • インストールパッケージの設定で Kaspersky Endpoint Agent コンポーネントを除外します。

    次の方法で本製品をアップグレードすることもできます:

    • カスペルスキーのアップデートサービスを使用する(シームレスアップデート – SMU)。
    • クライアントデバイスのローカルで、セットアップウィザードを使用する。

    この場合、コンピューターにインストールされている Kaspersky Endpoint Agent の設定を確認してください。インストールされている Kaspersky Endpoint Agent に Endpoint Detection and Response Expert(KATA EDR)コンポーネントが含まれている場合、本製品のアップグレード前にコンポーネントを削除してください。Endpoint Detection and Response Expert(KATA EDR)コンポーネントを削除できない場合は、アップグレード時に Kaspersky Endpoint Security は EDR Optimum および Kaspersky Sandbox コンポーネントをスキップします。本製品のアップグレード後にコンポーネントの変更タスクを使用してこれらのコンポーネントをインストールできます。

  6. Kaspersky Endpoint Detection and Response Optimum および Kaspersky Sandbox の状態を確認する。

    アップグレード後に、Kaspersky Security Center コンソールでコンピューターに「緊急」ステータスが表示されている場合:

    • コンピューターに管理エージェント 13.2 がインストールされていることを確認します。
    • EDR Optimum および Kaspersky Sandbox コンポーネントの動作状態を製品コンポーネントのステータスレポートを表示して確認します。コンポーネントの状態が「インストールされていません」となっている場合は、コンポーネントの変更タスクを使用してコンポーネントをインストールしてください。
    • Kaspersky Endpoint Security for Windows の新しいポリシーで Kaspersky Security Network に関する声明に同意していることを確認してください。

    製品コンポーネントのステータスレポート.を使用して EDR Optimum 機能がアクティベートされているかどうかを確認してください。コンポーネントの状態が「ライセンスに含まれていません」 と表示されている場合は、EDR Optimum の自動ライセンス配信機能がオンになっていることを確認してください。

本製品を KATA EDR の一部としてアップグレードする

Kaspersky Endpoint Agent を Kaspersky Anti Targeted Attack Platform(Endpoint Detection and Response Expert (KATA EDR)コンポーネント)の一部としてインストールしていた場合、Kaspersky Endpoint Security for Windows を次のいずれの方法でもアップグレードすることができます:

ページのトップに戻る