プロセスの終了

プロセスの終了タスクを使用してリモートからプロセスを終了することができます。たとえば、プロセスの開始タスクを使用して開始されたインターネットの速度テストツールをリモートから終了する場合などです。

ファイルの実行をブロックする場合は、実行防止機能を設定することができます。実行ファイル、スクリプト、Office 形式のファイルの実行を禁止することができます。

Web コンソールでのみ設定できます。

プロセスの終了タスクを作成するには:

  1. Web コンソールのメインウィンドウで、[デバイス]→[タスク]の順に選択します。

    タスクのリストが表示されます。

  2. 追加]をクリックします。

    タスクウィザードが起動します。

  3. タスクの設定を指定します:
    1. アプリケーションドロップダウンリストで、Kaspersky Endpoint Security for Windows (11.7.0)を選択します。
    2. タスク種別]で、[プロセスの強制終了]を選択します。
    3. タスク名]に簡潔な内容を入力します。
    4. タスクを割り当てるデバイスの選択]で、タスク範囲の指定方法を選択します。
  4. タスク範囲の指定方法に応じて、対象デバイスを選択します。[次へ]をクリックします。
  5. タスクの実行に使用するユーザーアカウントの認証情報を入力します。[次へ]をクリックします。

    既定では、Kaspersky Endpoint Security はタスクをシステムユーザーアカウント(SYSTEM)として開始します。

  6. 終了]をクリックして、ウィザードを終了します。

    タスクのリストに新しいタスクが表示されます。

  7. 新しいタスクをクリックします。

    タスクのプロパティウィンドウが表示されます。

  8. アプリケーション設定]タブを選択します。
  9. ファイルのリストで、[追加]をクリックします。

    ファイルの追加ウィザードが開始されます。

  10. ファイルを追加するには、ファイルのハッシュ(SHA256 または MD5)、ファイルの完全パス、ハッシュとパスの両方を入力する必要があります。

    ファイルがネットワークドライブにある場合は、ドライブ文字ではなく「\\」から開始されるファイルのパスを入力してください。例: \\server\shared_folder\file.exeファイルのパスにドライブ文字があると、ファイルが見つかりませんというエラーになります。

  11. 保存]をクリックします。
  12. タスクの横にあるチェックボックスをオンにします。
  13. 開始]をクリックします。

この結果、Kaspersky Endpoint Security はコンピューター上でそのプロセスを終了します。たとえば、アプリケーション「ゲーム」が実行中で、game.exe プロセスを終了すると、データを保存せずにアプリケーションは終了されます。[結果]のタスクのプロパティでタスクの結果を確認できます。

ページのトップに戻る