バナー広告対策について

バナー広告対策は、Web閲覧中のバナーに対する保護を提供する機能です。アクセスしたWebサイトに表示されるバナーや、一部のアプリケーションのインターフェイスに表示されるバナーをブロックします。ブロックの対象となるのは、既知のバナーのリストに登録されているバナーで、このリストはカスペルスキー インターネット セキュリティの定義データベースに組み込まれています。バナーのブロックは、カスペルスキー インターネット セキュリティのインターフェイスから管理できます。もしくは、ブラウザーから直接管理することもできます。

既定では、[カスペルスキー関連サイト]のリストに登録されているWebサイトでのバナーは許可されています。このリストは、カスペルスキーによりまとめられており、カスペルスキーのWebサイトや、カスペルスキーの広告を掲載するパートナー企業のWebサイトが含まれています。リストは確認可能です。また、カスペルスキーやそのパートナー企業のWebサイトに表示されるバナーをブロックする必要がある場合、このリストの使用を停止できます。

ブロックされたバナー広告カウンターには、ブラウザーで開かれたサイトのページ数に基づいてサイト全体のブロックされたバナー広告の合計数が表示されます。たとえば、ブラウザーで 1 ページ開いている場合は、サイトのそのページでブロックされたもののみがカウントされます。同じサイトの複数のページを開いている場合は、ブラウザーで開かれているそのサイト上すべてのページでブロックされたバナー広告の数がカウントされます。

バナー広告対策の動作に関する情報は、レポートで確認できます。

バナー広告対策には、以下の制約があります:

トップに戻る