Kaspersky Security Center コンポーネントとセキュリティ製品のインタラクションの図解

このセクションでは、Kaspersky Security Center コンポーネントと管理アプリケーションのインタラクションスキームについて説明します。このスキームには、使用可能にする必要があるポートの番号と、それらのポートを開くプロセスの名前が含まれます。

このセクションの内容

インタラクションスキームで使用される表記規則

管理サーバーと DBMS

管理サーバーと管理コンソール

管理サーバーとクライアントデバイス:セキュリティ製品の管理

クライアントデバイスにあるソフトウェアをディストリビューションポイント経由でアップグレードする

管理サーバーの階層構造:マスター管理サーバーとスレーブ管理サーバー

DMZ にスレーブ管理サーバーを持っている管理サーバーの階層構造

ネットワークセグメント内に接続ゲートウェイを持つ管理サーバーとクライアントデバイス

DMZ に管理サーバーと 2 台のデバイス(接続ゲートウェイとクライアントデバイス)

管理サーバーと Kaspersky Security Center 12 Web コンソール

モバイルデバイス上のセキュリティソフトのアクティベーションと管理

ページのトップに戻る