サブスクリプション、アプリケーション ID およびパスワードの作成

Microsoft Azure 環境で Kaspersky Security Center を使用するには、Azure サブスクリプション、Azure アプリケーション ID および Azure アプリケーションパスワードが必要です。既にサブスクリプションを保有している場合は、既存のサブスクリプションを使用できます。

Azure サブスクリプションを保有していると、Microsoft Azure プラットフォーム管理ポータルと Microsoft Azure サービスへのアクセスが許可されます。サブスクリプションの保有者は、Windows Azure プラットフォームを使用して Azure SQL、Azure ストレージなどのサービスを管理できます。

Microsoft Azure サブスクリプションを作成するには:

https://account.windowsazure.com/Subscriptions に移動して、表示される指示に従います。

サブスクリプションの作成の詳細については、Microsoft の Web サイトを参照してください。サブスクリプション ID を取得できます。後程、このサブスクリプション ID とアプリケーション ID およびパスワードを、Kaspersky Security Center に入力します。

Azure アプリケーション ID とパスワードを作成するには:

  1. https://portal.azure.com に移動し、ログインしていることを確認します。
  2. リファレンスページの指示に従って、アプリケーション ID を作成します。
  3. アプリケーション設定の[キー]セクションに移動します。
  4. キー]セクションで、[説明]と[有効期限]を入力し、[]は空白のままにしておきます。
  5. 保存]をクリックします。

    保存]をクリックすると、[]フィールドにシステムが自動的に生成した長い文字列が表示されます。この文字列が Azure アプリケーションパスワードとなります(例:yXyPOy6Tre9PYgP/j4XVyJCvepPHk2M/UYJ+QlfFvdU= など)。説明は入力した通りに表示されます。

  6. パスワードをコピーして保管し、後程 Kaspersky Security Center でアプリケーション ID とパスワードを入力できるようにしておきます。

    パスワードはこの作成画面でのみコピーできます。この機会を逃すと、パスワードは表示されなくなり復元できません。

このヘルプ内にリンクが貼られている Web ページのアドレスは、2021 年 7 月時点のものです。

関連項目:

シナリオ:クラウド環境への導入

ページのトップに戻る