タスクのパスワード変更ウィザード

非ローカルタスクの場合、タスクを実行するアカウントを指定できます。アカウントは、タスクの作成時または既存のタスクのプロパティで指定できます。指定されたアカウントが組織のセキュリティ指示に従って使用されている場合、その指示によってアカウントパスワードの変更が必要になる場合があります。アカウントパスワードの有効期限が切れて新しいパスワードを設定すると、タスクプロパティで新しい有効なパスワードを指定するまで、タスクの開始に失敗します。

タスクのパスワード変更ウィザードを使用すると、アカウントが指定されているすべてのタスクで、古いパスワードを新しいパスワードに自動的に置き換えることができます。または、各タスクのプロパティで手動で設定できます。

タスクのパスワード変更ウィザードを起動するには:

  1. コンソールツリーで、[タスク]フォルダーを選択します。
  2. フォルダーのコンテキストメニューで、[タスクのパスワード変更ウィザード]を選択します。

ウィザードの指示に従ってください。

このセクションの内容

ステップ 1:資格情報の指定

ステップ 2:実行する処理の選択

ステップ 3:結果の表示

ページのトップに戻る