Kaspersky Security Center 12 Web コンソールで使用されるポート

下表には、Kaspersky Security Center 12 Web コンソールサーバー(単に「Kaspersky Security Center 12 Web コンソール」とも表記)がインストールされたデバイスで開放しておく必要があるポートが一覧で表示されています。

Kaspersky Security Center 12 Web コンソールで使用されるポート

サービス名

ポート番号

プロトコル

ポートの目的

範囲

KSCWebConsole

 

2000

(Kaspersky Security Center 12.1 Web コンソール以降のバージョンでは使用されません)

HTTPS

Web インターフェイス用のポート

Kaspersky Security Center 12 Web コンソールと管理プラグインの node.exe プロセスの実行

 

2001

HTTPS

同一のデバイスで実行中のサービス KSCWebConsoleManagementService からのリクエストを受信するために使用される API ポート

KSCWebConsoleManagementService

 

2002

(Kaspersky Security Center 12.1 Web コンソール以降のバージョンでは使用されません)

HTTPS

Web インターフェイス用のポート

Kaspersky Security Center 12 Web コンソールコンポーネントのアップデート

 

2003

HTTPS

同一のデバイスで実行中のサービス KSCWebConsole からのリクエストを受信するために使用される API ポート

KSCWebConsoleMessageQueue

 

8200

HTTP

HashiCorp Vault を使用して証明書を生成するために使用される API ポート(詳細については、HashiCorp Vault の Web サイトを参照してください)

Kaspersky Security Center 12 Web コンソールのインストールと Kaspersky Security Center 12 Web コンソールコンポーネントのアップデート

4152

HTTPS

Kaspersky Security Center 12 Web コンソールと管理プラグインの処理間で発生する通信に使用されるメッセージブローカーの API ポート

Kaspersky Security Center 12 Web コンソールと管理プラグインとの対話

関連項目:

Kaspersky Security Center で使用するポート

ページのトップに戻る