アプリケーションのインストールパッケージの作成

すべて表示 | すべて非表示

アプリケーションインストールパッケージを作成するには:

  1. コンソールツリーの[リモートインストール]フォルダーで、[インストールパッケージ]サブフォルダーを選択します。
  2. インストールパッケージの作成]をクリックして、新規パッケージウィザードを実行します。
  3. ウィザードの[インストールパッケージの種別の選択]ウィンドウで、次のいずれかのボタンをクリックします:
    • カスペルスキー製品のインストールパッケージを作成する:カスペルスキー製品のインストールパッケージを作成する場合、このオプションを選択します。
    • 指定した実行ファイルのインストールパッケージを作成する:実行ファイルを使用してサードパーティ製品のインストールパッケージを作成する場合、このオプションを選択します。通常、実行ファイルはアプリケーションのセットアップファイルです。
      • フォルダー全体をインストールパッケージへコピー
      • インストールパラメータの指定
    • カスペルスキーのデータベースからアプリケーションを選択してインストールパッケージを作成する:カスペルスキーのデータベースからサードパーティ製品を選択し、インストールパッケージを選択する場合、このオプションを選択します。データベースは[管理サーバーのリポジトリへのアップデートのダウンロード]タスクの実行時に自動的に作成され、リスト内にアプリケーションが表示されます。
    • オペレーティングシステムイメージを含むインストールパッケージを作成する:このオプションは、基準となるデバイスのオペレーティングシステムイメージが入ったインストールパッケージを作成する必要がある場合に選択します。

      ウィザードが終了すると、[基準デバイスの OS イメージに基づくインストールパッケージの作成]という名前の管理サーバータスクが作成されます。このタスクが完了すると、インストールパッケージが作成され、これを使用して、PXE サーバーまたはリモートインストールタスクによりオペレーティングシステムイメージを導入することができます。

  4. ウィザードの指示に従ってください。

ウィザードが終了すると、クライアントデバイスにアプリケーションをインストールするのに使用できるインストールパッケージが作成されます。コンソールツリーの[インストールパッケージ]フォルダーを選択すると、インストールパッケージを確認できます。

関連項目:

インストールパッケージの作成

シナリオ:クラウド環境への導入

ページのトップに戻る