KSN の有効化および無効化

KSN を有効にするには:

  1. コンソールツリーで、KSN を有効にする必要がある管理サーバーを選択します。
  2. 管理サーバーのコンテキストメニューから[プロパティ]を選択します。
  3. 管理サーバーのプロパティウィンドウの[KSN プロキシ]セクションで、[KSN プロキシ設定]サブセクションを選択します。
  4. 管理サーバーをプロキシサーバーとして使用する]を選択します。

    KSN プロキシサーバーが有効になります。

  5. Kaspersky Security Network への参加に同意する]をオンにします。

    KSN が有効になります。

    このチェックボックスをオンにすると、クライアントデバイスがパッチのインストール結果をカスペルスキーに送信します。このチェックボックスをオンにした際には、KSN 声明の条項を読み、それに同意する必要があります。

  6. OK]をクリックします。

KSN を無効にするには:

  1. コンソールツリーで、KSN を有効にする必要がある管理サーバーを選択します。
  2. 管理サーバーのコンテキストメニューから[プロパティ]を選択します。
  3. 管理サーバーのプロパティウィンドウの[KSN プロキシ]セクションで、[KSN プロキシ設定]サブセクションを選択します。
  4. 管理サーバーをプロキシサーバーとして使用する]をオフにして、KSN プロキシサービスを無効にするか、[Kaspersky Security Network への参加に同意する]をオフにします。

    このチェックボックスをオフにすると、クライアントデバイスはパッチのインストール結果をカスペルスキーに送信しません。

    プライベート KSN を使用している場合は、[プライベート KSN の設定]をオフにします。

    KSN が無効になります。

  5. OK]をクリックします。
ページのトップに戻る