スタンドアロンインストールパッケージの作成

組織内の管理者とユーザーがデバイスに手動でアプリケーションをインストールするために、スタンドアロンインストールパッケージを使用できます。

スタンドアロンパッケージは実行ファイル形式で(installer.exe)、Web サーバーや共有フォルダーに保管したり、任意の方法でクライアントデバイスに転送したりできます。スタンドアロンインストールパッケージへのリンクをメールで送ることもできます。クライアントデバイスで受け取った実行ファイルをローカルで起動することで、Kaspersky Security Center を使用せずにアプリケーションをインストールすることが可能となります。

スタンドアロンインストールパッケージは、権限のないユーザーから絶対にアクセスできないよう注意してください。

カスペルスキー製品および Windows、MacOS、Linux プラットフォーム用のサードパーティ製品のスタンドアロンインストールパッケージを作成できます。サードパーティ製品のインストールパッケージを作成するには、はじめにカスタムインストールパッケージを作成する必要があります。

スタンドアロンインのストールパッケージは、管理サーバーで作成されたリスト内のインストールパッケージを元に作成します。

スタンドアロンインストールパッケージを作成するには:

  1. コンソールツリーで、[管理サーバー] - [詳細設定] - [リモートインストール] - [インストールパッケージ]を順に選択します。

    管理サーバーで利用可能なインストールパッケージのリストが表示されます。

  2. インストールパッケージのリストで、スタンドアロンパッケージを作成するインストールパッケージを選択します。
  3. コンテキストメニューで、[スタンドアロンインストールパッケージの作成]を選択します。

    スタンドアロンインストールパッケージ作成ウィザードが起動します。[次へ]をクリックしながらウィザードに沿って手順を進めます。

  4. 選択したカスペルスキー製品のインストールパッケージとネットワークエージェントを合わせてインストールする場合、ウィザードの最初のページで[このアプリケーションと同時にネットワークエージェントをインストールする]がオンであることを確認します。

    既定では、このオプションはオンです。デバイスにネットワークエージェントがインストール済みかどうかが不明な場合は、このオプションをオンにすることを推奨します。ネットワークエージェントがデバイスにインストールされている場合、ネットワークエージェントを含めたインストールパッケージがインストールされたときにネットワークエージェントが新しいバージョンにアップデートされます。

    このオプションがオフの場合、デバイスにはネットワークエージェントはインストールされず、デバイスは管理対象外のデバイスになります。

    選択したアプリケーションのスタンドアロンインストールパッケージが既に管理サーバー上に存在する場合、ウィザードに通知が表示されます。この場合、次のいずれかのオプションを選択する必要があります:

    • スタンドアロンインストールパッケージを作成する:新しいバージョンのアプリケーションのスタンドアロンインストールパッケージを新規に作成し、なおかつ以前のバージョンのアプリケーションで作成したスタンドアロンインストールパッケージも保持する場合などにこのオプションを選択します。新しいスタンドアロンインストールパッケージは別のフォルダーに配置されます。
    • 既存のスタンドアロンインストールパッケージを使用する:既存のスタンドアロンインストールパッケージを使用する場合は、このオプションをオンにします。パッケージの作成プロセスは開始されません。
    • 既存のスタンドアロンインストールパッケージを再構築する:同じアプリケーションのインストールパッケージを再作成する場合、このオプションを選択します。スタンドアロンインストールパッケージは、同じフォルダーに保存されます。
  5. ウィザードの次のページで、[未割り当てデバイスをグループへ移動]をオンにし、ネットワークエージェントのインストール後にクライアントデバイスを移動させる管理グループを指定します。

    既定では、デバイスは[管理対象デバイス]グループに移動されます。

    ネットワークエージェントのインストール後にクライアントデバイスをどの管理グループにも移動させたくない場合は、[デバイスを移動しない]をオンにします。

  6. ウィザードの次のページで、スタンドアロンインストールパッケージの作成プロセスが完了すると、スタンドアロンパッケージの作成結果とスタンドアロンパッケージのパスが表示されます。

    リンクをクリックし、次の操作を実行できます:

    • スタンドアロンインストールパッケージのフォルダーを開きます。
    • 作成されたスタンドアロンインストールパッケージへのリンクをメールで送信します。この操作を実行するには、メールソフトを起動する必要があります。
    • Web サイトで公開するリンクのサンプル HTML コードを生成します。TXT ファイルが作成され、TXT 形式に関連付けられたアプリケーションで開きます。ファイルには、HTML の <a> タグ(属性付き)が表示されます。
  7. ウィザードの次のページで、スタンドアロンインストールパッケージのリストを開く場合は、[スタンドアロンパッケージのリストを開く]をオンにします。
  8. 終了]をクリックします。

    [スタンドアロンインストールパッケージ作成ウィザード]が閉じます。

スタンドアロンインストールパッケージが作成され、管理サーバーの共有フォルダーのパッケージ用のサブフォルダーにダウンロードされます。インストールパッケージのリストの上にある[スタンドアロンパッケージリストの表示]をクリックすると、スタンドアロンパッケージのリストを確認できます。

ページのトップに戻る