カスタムインストールパッケージの作成

すべて表示 | すべて非表示

以下のような用途でカスタムインストールパッケージを使用できます:

カスタムインストールパッケージは、複数のファイルを含んだフォルダーです。カスタムインストールパッケージは、圧縮ファイルを元に作成します。圧縮ファイルには、カスタムインストールパッケージに含める必要のあるファイルが含まれているようにします。カスタムインストールパッケージを作成するときに、コマンドラインのパラメータを指定できます(例:製品をサイレントモードでインストールするためパラメータ)。

カスタムインストールパッケージを作成するには:

  1. コンソールツリーで、[管理サーバー] - [詳細設定] - [リモートインストール] - [インストールパッケージ]を順に選択します。

    管理サーバーで利用可能なインストールパッケージのリストが表示されます。

  2. インストールパッケージのリストの上にある[インストールパッケージの作成]をクリックします。

    新規パッケージウィザードが起動します。[次へ]をクリックしながらウィザードに沿って手順を進めます。

  3. ウィザードの最初のページで、[指定した実行ファイルのインストールパッケージを作成する]を選択します。
  4. ウィザードの次のページで、カスタムインストールパッケージの名前を指定します。
  5. ウィザードの次のページでは、[参照]をクリックすると表示される Windows 標準の[ファイルを開く]ウィンドウで、使用可能なディスクにある圧縮ファイルを選択して、カスタムインストールパッケージを作成します。

    ZIP、CAB、TAR、または TAR.GZ アーカイブをアップロードできます。インストールパッケージを SFX ファイル(自己解凍型の圧縮ファイル)から作成することはできません。

    ファイルは Kaspersky Security Center 管理サーバーにダウンロードされます。

  6. ウィザードの次のページで、実行ファイルのコマンドラインパラメータを指定します。

    インストールパッケージから製品をサイレントモードでインストールするためのコマンドラインのパラメータを指定できます。コマンドラインのパラメータの指定は省略可能です。

    必要に応じて、次のオプションを設定します:

    • フォルダー全体をインストールパッケージへコピー
    • Kaspersky Security Center 12 で認識されたアプリケーションの設定値を推奨値に変換する

    カスタムインストールパッケージを作成するプロセスが開始されます。

    プロセスが終了すると、ウィザードで通知されます。

    カスタムインストールパッケージが作成されなかった場合、メッセージで通知されます。

  7. 終了]をクリックしてウィザードを終了します。

作成したインストールパッケージは、管理サーバーの共有フォルダーのパッケージ用のサブフォルダーにダウンロードされます。ダウンロード後、カスタムインストールパッケージがインストールパッケージのリストに表示されます。

管理サーバー上のインストールパッケージのリストで、カスタムインストールパッケージのプロパティを表示および編集できます

ページのトップに戻る