オペレーティングシステムイメージのインストール

Kaspersky Security Center では、デスクトップおよびサーバーベースの Windows® オペレーティングシステムの WIM イメージを、組織ネットワーク内のデバイスに導入することができます。

Kaspersky Security Center ツールを使用して導入可能なオペレーティングシステムイメージを取得するために、次の手法が使用できます:

オペレーティングシステムイメージの導入に対しては、次の 2 つの手法がサポートされています:

管理サーバーには、オペレーティングシステムイメージの取得と導入の両方に必ず使用される、Windows プレインストール環境(Windows PE)のサービスイメージが暗黙的に備えられています。すべての対象デバイスが正常に機能するために必要なドライバーをすべて WinPE に追加する必要があります。一般的には、イーサネットネットワークインターフェイスが機能するために必要なチップセットドライバーを追加する必要があります。

イメージの導入と取得を実行するには、次の要件を満たしている必要があります:

インストールするオペレーティングシステムイメージを選択する際には、管理者が対象デバイスの CPU アーキテクチャ(x86 または x86-64)を明示的に指定する必要があります。

ページのトップに戻る