Kaspersky Endpoint Security のアップデートをデバイスに自動インストール

クライアントデバイスでの Kaspersky Endpoint Security の定義データベースとソフトウェアモジュールの自動アップデートを設定できます。

デバイスでの Kaspersky Endpoint Security アップデートのダウンロードおよび自動インストールを設定するには:

  1. コンソールツリーで、[タスク]フォルダーを選択します。
  2. 次のいずれかの方法で、[アップデート]タスクを作成します:
    • コンソールツリーの[タスク]フォルダーのコンテキストメニューで、[新規作成]→[タスク]の順に選択します。
    • タスク]フォルダーの作業領域の[新規タスク]をクリックします。

    タスク追加ウィザードが開始されます。[次へ]をクリックしながらウィザードに沿って手順を進めます。

  3. ウィザードの[タスク種別の選択]ウィンドウで、タスクの種別として[Kaspersky Endpoint Security]を選択し、その下の[アップデート]を選択します。
  4. 引き続きウィザードの指示に従って操作します。

    ウィザードが終了したら、Kaspersky Endpoint Security のアップデートタスクが作成されます。新規作成されたタスクが、[タスク]フォルダーの作業領域のタスクのリストに表示されます。

  5. タスク]フォルダーの作業領域で、作成したアップデートタスクを選択します。
  6. タスクのコンテキストメニューで[プロパティ]を選択します。
  7. タスクのプロパティウィンドウが開いたら、[セクション]ペインで[オプション]を選択します。

    オプション]セクションでは、ローカルモードまたはモバイルモードで、アップデートタスクを設定できます:

    • ローカルモードのアップデート設定:管理サーバーとデバイスの間で接続が確立されている場合。
    • モバイルモードのアップデート設定:Kaspersky Security Center とデバイスの間で接続が確立されていない場合(たとえば、デバイスがインターネットに接続されていない場合)。
  8. 設定]をクリックして、アップデート元を選択します。
  9. ソフトウェアモジュールのアップデートをダウンロード]をオンにして、定義データベースとともに、ソフトウェアモジュールのアップデートをダウンロードおよびインストールします。

    このチェックボックスをオンにすると、Kaspersky Endpoint Security によって適用可能なソフトウェアモジュールのアップデートについてユーザーに通知され、アップデートタスクの実行中に、アップデートパッケージにソフトウェアモジュールのアップデートが追加されます。アップデートモジュール使用を設定するには:

    • 重要なアップデートおよび承認済みのアップデートをインストール:ソフトウェアモジュールのアップデートが適用可能な場合、Kaspersky Endpoint Security は「緊急」ステータスのアップデートのみを自動的にインストールし、残りのアップデートは承認後にインストールします。
    • 承認されたアップデートのみをインストール:ソフトウェアモジュールのアップデートが適用可能な場合、Kaspersky Endpoint Security はインストールが承認されたアップデートのみインストールします。ローカルへのインストールは、製品インターフェイスまたは Kaspersky Security Center を経由して実行されます。

    ソフトウェアモジュールのアップデートで使用許諾契約書とプライバシーポリシーの条項を確認して同意する必要がある場合、カスペルスキー製品では、使用許諾契約書とプライバシーポリシーの条項をユーザーが同意した後にアップデートがインストールされます。

  10. ダウンロード済みのアップデートをフォルダーに保存するために[アップデートをフォルダーにコピー]をオンにし、[参照]をクリックしてフォルダーを指定します。
  11. OK]をクリックします。

アップデート]タスクの実行時、製品からカスペルスキーのアップデートサーバーにリクエストが送信されます。

アップデートによっては、最新バージョンの管理プラグインをインストールする必要があります。

関連項目:

シナリオ:定義データベースとカスペルスキー製品の定期的なアップデート

ページのトップに戻る