DMZ にディストリビューションポイントとして接続ゲートウェイを追加

接続ゲートウェイは、管理サーバーへの接続を確立せず、管理サーバーからの接続を待機します。これは、接続ゲートウェイが DMZ 内のデバイスにインストールされた直後に、管理サーバーが管理対象デバイスの中にそのデバイスをリストしないことを意味します。したがって、管理サーバーが接続ゲートウェイへの接続を開始するようにするには、特別な手順が必要です。

接続ゲートウェイを持つデバイスをディストリビューションポイントとして追加するには:

  1. コンソールツリーで、[管理サーバー]フォルダーを選択します。
  2. 管理サーバーのコンテキストメニューから[プロパティ]を選択します。
  3. 管理サーバーのプロパティウィンドウで、[ディストリビューションポイント]セクションを選択します。
  4. ウィンドウの右側で、[ディストリビューションポイントを手動で割り当て]をオンにします。
  5. 追加]をクリックします。

    ディストリビューションポイントの追加]ウィンドウが表示されます。

  6. ディストリビューションポイントの追加]ウィンドウで、次の操作を行います:
    1. ディストリビューションポイントとして機能するデバイス]で、[選択]にある下矢印をクリックし、[アドレスに基づいて DMZ 内の接続ゲートウェイを追加]をオンにします。
    2. 表示される[接続ゲートウェイアドレスの入力]ウィンドウで、接続ゲートウェイの IP アドレスを入力します(または、接続ゲートウェイに名前でアクセスできる場合は名前を入力します)。
    3. ディストリビューションポイントの範囲]で、[選択]にある下矢印をクリックします。
    4. ディストリビューションポイントがアップデートを配信するデバイスを指定します。管理グループまたはネットワークロケーションの説明を指定できます。

      外部管理対象デバイス用に別のグループを作成することを推奨します。

これらの処理の実行後には、ディストリビューションポイントのリストに、「接続ゲートウェイの一時的な登録」という名前の新しいエントリが含まれています。

管理サーバーは、指定したアドレスで接続ゲートウェイへの接続をほぼ即座に試行します。成功すると、エントリ名が接続ゲートウェイデバイスの名前に変わります。このプロセスには最大 5 分かかります。

接続ゲートウェイの一時的な登録が名前付きエントリに変換されている間、接続ゲートウェイは未割り当てデバイスグループにも表示されます。

関連項目:

ディストリビューションポイントとして動作する管理対象デバイスの割り当て

ページのトップに戻る