以前のバージョンの Kaspersky Security Center からのアップグレード

管理サーバーのバージョン 13.2 をそれより前のバージョンの管理サーバー(バージョン 10 Service Pack 1 以降)がインストールされたデバイスにインストールすることができます。バージョン 13.2 にアップグレードすると、以前のバージョンの管理サーバーのデータと設定がすべて維持されます。

管理サーバーと別のアプリケーションで同時に DBMS を使用することは厳重に禁じられています。

旧バージョンの管理サーバーをバージョン 13.2 にアップグレードするには:

  1. バージョン 13.2 向けの ksc_<バージョンおよびビルド番号>_full_<言語>.exe ファイルを実行します(このファイルはカスペルスキーの Web サイトからダウンロードできます)。

    ウィンドウが開き、インストールするカスペルスキー製品の選択を要求されます。

    製品を選択するウィンドウで、[Kaspersky Security Center 13.2 をインストールします]をクリックし、管理サーバーのセットアップウィザードを開始します。ウィザードの指示に従ってください。

    使用許諾契約書とプライバシーポリシーをよく読んでください。使用許諾契約書とプライバシーポリシーのすべての条項に同意する場合、[すべて確認し、理解した上で次に同意します]セクションで、次のチェックボックスをオンにします:

    • 使用許諾契約書の諸条件
    • データの取り扱い方法を記載しているプライバシーポリシー

    両方のチェックボックスをオンにすると、製品のデバイスへのインストールが続行されます。以前のバージョンの管理サーバーのデータのバックアップコピーを作成するかどうか尋ねられます。

    Kaspersky Security Center は、アプリケーションの旧バージョンを使用して作成した管理サーバーのバックアップコピーからのデータ復元をサポートします。

  2. バックアップコピーを作成する必要がある場合、[管理サーバーのバックアップ]ウィンドウで管理サーバーのバックアップの作成をオンにします。

    管理サーバーデータのバックアップコピーは、klbackup ユーティリティを使用して作成されます。このユーティリティは配布キットに含まれており、Kaspersky Security Center インストールフォルダーのルートにあります。

  3. セットアップウィザードに従って、バージョン 13.2 の管理サーバーをインストールします。

    Kaspersky Security Center 13.2 Web コンソールのサービスがビジー状態であるメッセージが表示された場合は、ウィザードで[無視する]をクリックします。

    セットアップウィザードを途中で終了することは避けてください。管理サーバーインストールの途中でアップグレードを中止すると、アップグレードしたバージョンの Kaspersky Security Center が動作不能になることがあります。

  4. 旧バージョンのネットワークエージェントがインストールされているデバイスの場合は、新バージョンのネットワークエージェントのリモートインストールタスクを作成して実行します。

    リモートインストールタスクが完了すると、ネットワークエージェントのバージョンがアップグレードされます。

管理サーバーのインストール中に問題が発生した場合は、アップグレード操作の前に作成した管理サーバーデータのバックアップコピーを使用して管理サーバーを前のバージョンに戻すことが可能です。

ネットワーク上に少なくとも 1 つの新しいバージョンの管理サーバーがインストールされている場合は、その管理サーバーのインストールパッケージを使用するリモートインストールタスクを使用して、ネットワーク上の他の管理サーバーをアップグレードできます。

Kaspersky Security Center を以前のバージョンからアップグレードする場合、インストールされているすべての管理プラグインはアンインストールされません。管理対象プラグインに対応するポリシーとタスクを設定できます。

管理サーバープラグインとネットワークエージェントプラグインは自動的にアップグレードされます(管理コンソールおよび Kaspersky Security Center 13.2 Web コンソール)。

関連項目:

主要なインストールシナリオ

シナリオ:定義データベースとカスペルスキー製品の定期的なアップデート

ページのトップに戻る