タスクの概要

Kaspersky Security Center は、様々なタスクを作成して実行することにより、デバイス上にインストールされたカスペルスキー製品を管理します。アプリケーションのインストール、起動、停止、ファイルのスキャン、定義データベースやソフトウェアモジュールのアップデート、アプリケーションでのその他のタスクを実行するには、タスクが必要です。

Kaspersky Security Center 13 Web コンソールを使用してアプリケーションのタスクを作成できるのは、そのアプリケーション用の管理プラグインが Kaspersky Security Center 13 Web コンソールサーバーにインストールされている場合に限られます。

タスクは管理サーバー上とデバイス上で実行できます。

次の種別のタスクは管理サーバーで実行されます:

次の種別のタスクはデバイスで実行されます:

アプリケーションごとに、任意の数のグループタスク、グローバルタスク、ローカルタスクを作成できます。

タスクの設定に変更を加え、タスクの進行状況を表示し、タスクをコピー、エクスポート、インポート、および削除できます。

タスクは、そのタスクを作成した対象のアプリケーションが実行中である場合のみ、デバイス上で開始されます。

タスクの実行結果は、各デバイスのオペレーティングシステムのイベントログと管理サーバーのオペレーティングシステムのイベントログ、および管理データベースに保存されます。

タスクの設定には個人情報を使用しないでください。たとえば、ドメイン管理者パスワードを指定することは避けてください。

関連項目:

Kaspersky Security Center 13 Web コンソールのインストールと初期セットアップのシナリオ

ページのトップに戻る