ダッシュボードの使用

ダッシュボードでは、組織ネットワーク内でのセキュリティトレンドをグラフや表などを通して視覚的に把握し、監視できます。

Kaspersky Security Center 13 Web コンソールの[監視とレポート]セクションで、[ダッシュボード]をクリックすると、ダッシュボードが表示されます。

ダッシュボードでは、カスタマイズ可能なウィジェットを利用できます。円グラフや表、棒グラフ、リストなどの各種形式で表示できるさまざまなウィジェットを選択できます。ウィジェットに表示される情報は自動的に更新され、更新間隔は 1 〜 2 分です。更新の間隔はウィジェットごとに異なります。設定メニューを使用して、任意のタイミングで手動でウィジェットを更新できます。

既定では、ウィジェットには管理サーバーのデータベースに保存されているイベントの情報が含まれています。

Kaspersky Security Center 13 Web コンソールには、次のカテゴリのウィジェットが既定のウィジェットのセットとして指定されています:

一部のウィジェットのテキスト情報にはリンクが含まれている場合があります。リンクをクリックすると詳細情報を確認できます。

ダッシュボードの設定では、必要に応じて、ウィジェットの追加非表示への変更サイズや表示の変更移動設定の変更を行うことができます。

関連項目:

Kaspersky Security Center 13 Web コンソールのインストールと初期セットアップのシナリオ

シナリオ:監視とレポート

ページのトップに戻る