UEFI 保護デバイスの接続設定

すべて表示 | すべて非表示

UEFI 保護デバイスとは、BIOS レベルで Kaspersky Anti-Virus for UEFI と統合されているデバイスです。統合された保護により、システムが起動した瞬間からデバイスのセキュリティを確保し、同時に、ソフトウェアが統合されていないデバイスでの保護が、セキュリティ製品の起動後にのみ機能し始めるようにします。Kaspersky Security Center はこれらのデバイスをサポートしています。

UEFI 保護デバイスの接続設定を編集するには:

メインウィンドウ上部の管理サーバー名のセクションで目的の管理サーバーを選択し、隣接する設定アイコン(settings_new)をクリックします。

管理サーバーのプロパティウィンドウが開きます。

  1. 全般]タブで、[追加のポート]セクションを選択します。
  2. 目的の設定項目を変更します:
  3. 保存]をクリックします。

UEFI 保護デバイスを管理サーバーに接続できる状態になっています。

ページのトップに戻る