[Windows Update の同期の実行]タスクが作成されます。

すべて表示 | すべて非表示

Windows Update の同期の実行]タスクは、脆弱性とパッチ管理ライセンスがある場合にのみ使用できます。

管理サーバーを WSUS サーバーとして使用する場合は、[Windows Update の同期の実行]タスクが必要です。この場合、管理サーバーは Windows の更新プログラムをデータベースにダウンロードし、ネットワークエージェントを介して集中モードでクライアントデバイス上の Windows Update に更新プログラムを渡します。ネットワークで WSUS サーバーが使用されていない場合は、個々のクライアントデバイスが外部のサーバーから Microsoft のアップデートを個別にダウンロードします。

Windows Update の同期の実行]タスクは、メタデータのみを Microsoft のサーバーからダウンロードします。アップデートインストールタスクを実行すると、Kaspersky Security Center は更新プログラムをダウンロードします。その際、インストール用に選択した更新プログラムのみをダウンロードします。

Windows Update の同期の実行]タスクの実行時に、本製品は Microsoft Update サーバーから現行のアップデート一覧を受信します。その後、本製品は古くなったアップデートの一覧を作成します。次に[脆弱性とアプリケーションのアップデートの検索]タスクを開始する時に、本製品はすべての古くなったアップデートにフラグを付け、削除までの時間を設定します。次に[Windows Update の同期の実行]タスクを開始する時に、30 日前に削除フラグが付けられたアップデートはすべて削除されます。また、フラグを付けてから 181 日以上経過しているアップデートの有無を確認し、あれば削除します。

Windows Update の同期の実行]タスクが完了し、古くなったアップデートが削除されても、削除されたアップデートのファイルに属するハッシュコードがデータベース上に残っていることがあります。同様に、%AllUsersProfile%\Application Data\KasperskyLab\adminkit\1093\.working\wusfiles にある対応するファイルもデータベース上に残っていることがあります(それ以前にダウンロードされていた場合)。データベースと対応するファイルから古くなったレコードを削除するには、[管理サーバーのメンテナンス]タスクを実行してください。

[Windows Update の同期の実行]タスクを作成するには:

  1. メインウィンドウで、[デバイス] - [タスク]の順に選択します。
  2. 追加]をクリックします。

    タスク追加ウィザードが開始されます。[次へ]をクリックしながらウィザードに沿って手順を進めます。

  3. Kaspersky Security Center を対象アプリケーションとするタスクから、[Windows Update の同期の実行]タスク種別を選択します。
  4. 作成中のタスク名を入力します。タスク名は 100 文字以下で、特殊文字("*<>?\:|)を含めることはできません。
  5. タスクの実行時に高速アップデートファイルをダウンロードする場合は、[高速インストールファイルをダウンロード]をオンにします。

    Kaspersky Security Center が Microsoft Windows Update Server のアップデートと同期すると、全ファイルに関する情報が管理サーバーのデータベースに保存されます。Windows Update エージェントとのやり取りの間、アップデートに必要なファイルもすべてドライブにダウンロードされます。具体的には、Kaspersky Security Center によって、高速インストールファイルに関する情報がデータベースに保存され、必要な時にこれらのファイルがダウンロードされます。高速インストールファイルをダウンロードすると、ドライブの空き容量が減少します。

    ディスクの空き容量の減少を避け、トラフィックを減らすには、[高速インストールファイルをダウンロード]をオフにします。

  6. アップデートをダウンロードするアプリケーションを選択します。

    全製品]をオンにすると、すべての既存のアプリケーション、および今後リリースされる可能性のあるすべてのアプリケーションのアップデートがダウンロードされます。

  7. 管理サーバーにダウンロードするアップデートのカテゴリを選択します。

    全カテゴリ]をオンにすると、すべての既存のアップデートカテゴリ、および今後生じる可能性のあるすべてのカテゴリのアップデートがダウンロードされます。

  8. 管理サーバーにダウンロードするアップデートのローカリゼーション言語を選択します。次のいずれかのオプションをオンにします:
  9. タスクの実行時に使用するアカウントを指定します。次のいずれかのオプションをオンにします:
    • 既定のアカウント
    • アカウントの指定
  10. 既定のタスク設定を編集する場合、[タスク作成の終了]ページで、[タスクの作成が完了したらタスクの詳細を表示する]をオンにします。このオプションをオフにすると、既定の設定でタスクが作成されます。既定の設定からの変更は、後からいつでも実行できます。
  11. 終了]をクリックします。

    タスクが作成され、タスクリストに表示されます。

  12. 作成したタスクの名前をクリックし、タスクのプロパティウィンドウを開きます。
  13. タスクのプロパティウィンドウで、タスクの全般的な設定を指定します。
  14. 保存]をクリックします。

タスクが指定した設定で作成されます。

関連項目:

シナリオ:サードパーティ製ソフトウェアの脆弱性の検知と修正

シナリオ:サードパーティ製ソフトウェアのアップデート

ページのトップに戻る