脆弱性の修正タスクを開始します。

すべて表示 | すべて非表示

脆弱性の修正]タスクを使用すると、Windows を実行している管理対象デバイスのソフトウェアの脆弱性を修正できます。Microsoft 製品を含めて、サードパーティ製ソフトウェアの脆弱性を修正できます。

Vulnerability and Patch Managementライセンスをお持ちでない場合、脆弱性の修正の種別の新しいタスクを作成できません。新しい脆弱性を修正するには、それらの脆弱性を既存の[脆弱性の修正]タスクに追加します。[アップデートのインストールと脆弱性の修正]タスクを、[脆弱性の修正]の代わりに使用することを推奨します。[アップデートのインストールと脆弱性の修正]タスクを使用すると、定義したルールに従って、複数の更新をインストールし、複数の脆弱性を自動的に修正できます。

管理対象デバイス上のサードパーティアプリケーションをアップデートしたり、サードパーティアプリケーションの脆弱性を修正したりする場合、ユーザーの操作が必要になる場合があります。たとえば、サードパーティのアプリケーションが起動している場合、終了するように指示される場合があります。

[脆弱性の修正]タスクを作成するには:

  1. メインウィンドウで、[デバイス] - [タスク]の順に選択します。
  2. 追加]をクリックします。

    タスク追加ウィザードが開始されます。[次へ]をクリックしながらウィザードに沿って手順を進めます。

  3. Kaspersky Security Center を対象アプリケーションとするタスクから、[脆弱性の修正]タスク種別を選択します。
  4. 作成中のタスク名を入力します。

    タスク名は 100 文字以下で、特殊文字("*<>?\:|)を含めることはできません。

  5. タスクを割り当てるデバイスを選択します。
  6. 追加]をクリックします。

    脆弱性のリストが表示されます。

  7. 修正する脆弱性を選択し、[OK]をクリックします。

    Microsoft ソフトウェアの脆弱性には通常、推奨される修正が用意されています。その他の操作は必要ありません。他の製造元のソフトウェアの脆弱性については、まず修正する脆弱性ごとにユーザー修正を指定する必要があります。その後、それらの脆弱性を[脆弱性の修正]タスクに追加できるようになります。

  8. OS の再起動設定を指定します。
    • デバイスを再起動しない
    • デバイスを再起動する
    • ユーザーに処理を確認する
    • 通知の繰り返し間隔(分)
    • 再起動するまでの時間(分)
    • セッションがブロックされたアプリケーションを強制終了するまで待機する時間(分)
  9. 次のようにアカウントの設定を指定します。
    • 既定のアカウント
    • アカウントの指定
    • アカウント
    • パスワード
  10. 既定のタスク設定を編集する場合、[タスク作成の終了]ページで、[タスクの作成が完了したらタスクの詳細を表示する]をオンにします。このオプションをオフにすると、既定の設定でタスクが作成されます。既定の設定からの変更は、後からいつでも実行できます。
  11. 終了]をクリックします。

    タスクが作成され、タスクリストに表示されます。

  12. 作成したタスクの名前をクリックし、タスクのプロパティウィンドウを開きます。
  13. タスクのプロパティウィンドウで、タスクの全般的な設定を指定します。
  14. 保存]をクリックします。

タスクが指定した設定で作成されます。

関連項目:

Kaspersky Security Center のライセンスオプション

[アップデートのインストールと脆弱性の修正]タスクの作成

サードパーティ製ソフトウェアの脆弱性へのユーザー修正の選択

サードパーティ製ソフトウェアの脆弱性の修正

シナリオ:サードパーティ製ソフトウェアの脆弱性の検知と修正

ページのトップに戻る