Kaspersky Security Center Web コンソールのアップグレード

Kaspersky Security Center Web コンソールの新バージョンを、現在インストールされているバージョンを削除せずに使用する場合、Kaspersky Security Center Web コンソールインストーラーの標準的なアップグレード手順を使用できます。

Kaspersky Security Center Web コンソールをアップグレードするには:

  1. 管理者権限を持つアカウントで、実行ファイル KSCWebConsoleInstaller.<ビルド番号>.exe を実行します。<ビルド番号> は Kaspersky Security Center Web コンソールのビルド番号で、現在インストールされているビルド番号より大きくなっています。
  2. 表示されるセットアップウィザードのウィンドウで言語を選択し、[OK]をクリックします。
  3. 最初のウィンドウで、[Upgrade]を選択し、[Next]をクリックします。
  4. License Agreement]ウィンドウで、使用許諾契約書の条項を読んで同意します。EULA に同意するとインストールを進めることができますが、同意しない場合、[Next]が使用できません。
  5. インストールが完了するまで、セットアップウィザードの手順を進めます。続行中に、前回のインストール中に指定したKaspersky Security Center Web コンソールの設定を変更することもできます。Ready for Kaspersky Security Center 13 Web Console modificationステップに到達したら、[Upgrade]をクリックします。新しい設定が適用されるまで待ち、セットアップウィザードの次のステップで、[Finish]をクリックします。[Start Kaspersky Security Center 13 Web Console in your browser]をクリックし、Kaspersky Security Center Web コンソールのアップグレードされたインスタンスをすぐに開始することも可能です。

    アップグレード中の Kaspersky Security Center Web コンソール設定の変更は、Kaspersky Security Center Web コンソールのバージョン 12.2 以降でのみ行うことができます。

    Kaspersky Security Center Web コンソールがアップグレードされます。

関連項目:

Kaspersky Security Center 13 Web コンソールのインストールと初期セットアップのシナリオ

Kaspersky Security Center および管理対象セキュリティ製品のアップグレードのシナリオ

ページのトップに戻る