不正な変更からのユーザーアカウントの保護を有効にする

追加のオプションを有効にして不正な変更からのユーザーアカウントの保護を有効にすることができます。このオプションが有効になっていると、ユーザーアカウントの編集にはユーザー認証が要求されます。

不正な変更からのユーザーアカウントの保護を有効または無効にする

  1. ユーザーとロール]-[ユーザー]を順にクリックします。
  2. 不正な変更からの保護を指定する内部ユーザーアカウントの名前をクリックします。
  3. ユーザー設定ウィンドウが表示されたら、[アカウント保護]を選択します。
  4. アカウントの設定が変更または更新された際に毎回ユーザーの資格情報を要求するよう設定するには、[アカウント保護]タブで、[認証を要求してユーザーアカウントの変更権限をチェックする]を選択します。そうでない場合は、[追加の認証なしでのこのアカウントの変更をユーザーに対して許可する]を選択します。
  5. 保存]をクリックします。

ユーザーのアカウントに対して、不正な変更からのアカウントの保護が有効になります。

ページのトップに戻る