モバイルデバイス管理

すべて表示 | すべて非表示

Kaspersky Security Center からのモバイルデバイス保護の管理は、専用のライセンスを使用して利用できるモバイルデバイス管理機能を使用して行われます。自社の従業員が使用しているモバイルデバイスを管理する場合は、モバイルデバイス管理を有効にして設定してください。

モバイルデバイス管理を使用して従業員の Android デバイスを管理できます。デバイスにインストールされた Kaspersky Endpoint Security for Android を使用して保護します。このモバイルアプリケーションにより、モバイルデバイスを Web の脅威やウイルス、その他の脅威をもたらすプログラムから保護します。Kaspersky Security Center 13 Web コンソールを使用した一元管理のため、Kaspersky Security Center 13 Web がインストールされたデバイスに次の Web 管理プラグインをインストールする必要があります:

モバイルデバイスへの保護の導入および管理の詳細は、Kaspersky Security for Mobile のヘルプを参照してください。

Kaspersky Security Center 13 Web コンソールにおけるモバイルデバイス管理設定の変更

モバイルデバイス管理設定を変更するには:

  1. メインウィンドウ上部の管理サーバー名のセクションで目的の管理サーバーを選択し、隣接する設定アイコン(settings_new)をクリックします。

    管理サーバーのプロパティウィンドウが開きます。

  2. 全般]タブで、[追加のポート]セクションを選択します。
  3. 目的の設定項目を変更します:
    • モバイルデバイス用ポートを開く
    • モバイルデバイスとの同期用のポート
    • モバイルデバイスのアクティベーション用のポート
  4. 保存]をクリックします。

モバイルデバイスを管理サーバーに接続できる状態になっています。

関連項目:

デバイスの所有者ユーザーの指定

ページのトップに戻る