KSN について

Kaspersky Security Network(KSN)は、ファイル、Web リソース、ソフトウェアの評価に関する情報を含むカスペルスキーのナレッジベースへのオンラインアクセスを提供するオンラインサービスの基盤です。Kaspersky Security Network のデータを使用することにより、脅威に対するカスペルスキー製品の対応が迅速化され、一部の保護コンポーネントの効果が高まり、誤検知のリスクが低減されます。KSN によって、カスペルスキーの評価データベースを使用して、管理対象デバイスにインストールされたアプリケーションの情報を取得できます。

KSN への参加は、Kaspersky Security Center によって管理されるクライアントデバイス上にインストールされたカスペルスキー製品の動作に関する情報を、自動的にカスペルスキーに送信することに同意したことを意味します。情報は、現在の KSN アクセス設定に従って転送されます。

クイックスタートウィザードの実行時には、KSN に参加するよう促されます。アプリケーションの使用時であればいつでも、KSN の使用を開始または停止できます。

お客様は KSN を有効にする際に同意した KSN に関する声明に従って KSN を使用するものとします。KSN に関する声明が更新された場合は、管理サーバーをアップデートまたはアップグレードする際に更新された声明が表示されます。更新された KSN に関する声明に同意することも拒否することも可能です。拒否した場合は、以前に同意した KSN 声明の以前のバージョンの内容に従って KSN の使用が継続されます。

管理サーバーが管理するクライアントデバイスは、KSN プロキシを使用して KSN と対話します。KSN プロキシは次の機能を提供します:

管理サーバーのプロパティ]ウィンドウの[KSN プロキシ]セクションで、KSN プロキシサーバーを設定できます。

ページのトップに戻る