Google Firebase Cloud Messaging の使用

Android オペレーティングシステムが管理する KES デバイスにコマンドがタイミングよく確実に配信されるようにするため、Kaspersky Security Center ではプッシュ通知のメカニズムが使用されます。プッシュ通知は、Google Firebase Cloud Messaging によって、KES デバイスと管理サーバーとの間で交換されます。Kaspersky Security Center 管理コンソールで、Google Firebase Cloud Messaging サービスの設定を指定することで、サービスに KES デバイスを接続できます。

Google Firebase Cloud Messaging の設定を取得するには、Google アカウントが必要です。

Google Firebase Cloud Messaging を設定するには:

  1. コンソールツリーの[モバイルデバイス管理]フォルダーで、[モバイルデバイス]サブフォルダーを選択します。
  2. モバイルデバイス]フォルダーのコンテキストメニューで、[プロパティ]を選択します。

    モバイルデバイス]フォルダーのプロパティウィンドウが開きます。

  3. Google Firebase Cloud Messaging の設定]セクションを選択します。
  4. 送信者 ID]で、Google Developer Console で作成時に受け取った Google API プロジェクトの番号を指定します。
  5. サーバーのキー]で、Google Developer Console で作成した共通のサーバーのキーを入力します。

管理サーバーとの次回の同期時に、Android オペレーティングシステムが管理する KES デバイスが、Google Firebase Cloud Messaging に接続されます。

Google Firebase Cloud Messaging の設定は、[設定をリセット]をクリックして編集できます。

関連項目:

シナリオ:モバイルデバイス管理の導入

ページのトップに戻る