Kaspersky Security Center 10 Web コンソール

Kaspersky Security Center 10 Web コンソールは、カスペルスキー製品により保護されるネットワークのセキュリティシステムのステータスを管理する目的で設計された Web アプリケーションです。

このアプリケーションを使用して、次のことができます:

Kaspersky Security Center 10 Web コンソールは、ネットワークに保護を提供するサービスプロバイダーのサーバーで実行します。保護サービスプロバイダーがアプリケーションのインストールと管理を担当します。Kaspersky Security Center 10 Web コンソールを使用するために、デバイス上にインストールしたり実行したりする必要はありません。必要なのはブラウザーだけです。

Kaspersky Security Center 10 Web コンソールがどのように動作するかを下図に示します。

動作レイアウト

Kaspersky Security Center 10 Web コンソールのフローチャート 

Kaspersky Security Center 10 Web コンソールは、保護サービスプロバイダーのサーバーで動作する Kaspersky Security Center 管理サーバーと交信します。管理サーバーは、ネットワーク内のデバイスにインストールされたカスペルスキー製品の管理を目的として設計されたアプリケーションです。管理サーバーは、セキュアソケットレイヤー(SSL)プロトコルで保護されたチャネルでネットワークのデバイスに接続します。

Kaspersky Security Center 10 Web コンソールは、ブラウザーを使用してデバイスと管理サーバーが交信できるようにする Web インターフェイスを提供します。ブラウザーを使用して Kaspersky Security Center 10 Web コンソールに接続する場合、ブラウザーは Kaspersky Security Center 10 Web コンソールとの暗号化された接続(HTTPS 接続)を確立します。

Kaspersky Security Center 10 Web コンソールは、次のように操作します:

  1. ブラウザーで Kaspersky Security Center 10 Web コンソールに接続すると、Web ポータルのインターフェイスが表示されます。
  2. Web ポータルによる管理を使用して、実行するコマンドを選択します。Kaspersky Security Center 10 Web コンソールは次の操作を実行します:
    • 情報を受信する目的でコマンドを実行した場合(デバイスのリストを表示するなど)、Kaspersky Security Center 10 Web コンソールは管理サーバーに対する情報のリクエストを生成し、必要なデータを受信し、表示に適した形式でブラウザーに送信します。
    • 管理用のコマンドを選択した場合(アプリケーションのリモートインストールなど)、Kaspersky Security Center 10 Web コンソールはブラウザーからコマンドを受信し、それを管理サーバーに送信します。その後、管理サーバーからコマンドの結果を受信し、それを表示に適した形式でブラウザーに送信します。
ページのトップに戻る