インストールパッケージについて

インストールパッケージは、クライアントデバイスへのアプリケーションのインストールを目的とした専用の実行ファイルです。インストールパッケージは、アプリケーション配布パッケージに含まれるファイルに基づいて作成されます。パッケージには、本製品のインストールに必要な一連の設定が含まれており、この設定を使用すると、インストール直後から本製品は正しく機能します。設定は、アプリケーションの既定値になります。

インストールパッケージは、サービスプロバイダーの管理者により作成され、配信されます。

インストールパッケージは、Kaspersky Security Center 10 Web コンソールが提供するリモート管理システムを通じて、カスペルスキー製品とサードパーティ製品をクライアントデバイスにリモートインストールするために使用されます。

カスペルスキー製品とサードパーティ製品は、ローカルインストールモードでネットワーク上のデバイスにインストールできます。また、ネットワークのユーザーが自分のデバイスにアプリケーションを自分でインストールすることもできます。これらのタスクには、Kaspersky Security Center 10 Web コンソールを使用してアプリケーションのインストールパッケージを公開します。

関連項目:

インストールパッケージ公開の取り消し

公開済みインストールパッケージのリストの表示

インストールパッケージの公開

ページのトップに戻る