証明書の作成設定の指定

証明書の発行ルールを設定するには:

  1. コンソールツリーで、[モバイルデバイス管理]フォルダーを展開し、[証明書]サブフォルダーを選択します。
  2. 証明書]フォルダーの作業領域で、[証明書の発行ルールを指定する]をクリックして[証明書発行ルール]ウィンドウを開きます。
  3. 証明書の種別名のセクションに進みます:

    一般証明書の発行 - 一般種別の証明書の発行方法を設定します。

    メール証明書の発行 - メール証明書の発行方法を設定します。

    VPN 証明書の発行 - VPN 証明書の発行方法を設定します。

  4. 発行の設定]セクションで、証明書の発行方法を設定します:
    • 証明書の有効期間を日単位で指定します。
    • 証明書のソースを選択します([管理サーバー]または[証明書を手動で指定])。

      管理サーバーが証明書の既定のソースとして選択されます。

    • 証明書のテンプレートを指定します([既定のテンプレート]または[他のテンプレート])。

      PKI(公開鍵基盤)の統合]セクションで、公開鍵基盤との統合を有効にしている場合、テンプレートの設定が利用可能です。

  5. 自動更新設定]セクションで、証明書の自動アップデートを設定します:
    • 証明書の有効期間の残りが次の日数になったら更新]で、証明書を更新する必要がある有効期限までの日数を指定します。
    • 証明書の自動更新を有効にするには、[可能であれば証明書を自動で再発行]をオンにします。

    一般証明書は手動でのみ更新できます。

  6. パスワードによる保護]セクションで、証明書の復号化時のパスワードの使用を設定して有効にします。

    パスワードによる保護は、一般証明書の場合にのみ使用できます。

    1. 証明書のインストール時にパスワードを要求する]をオンにします。
    2. スライダーを使用して、暗号化用パスワードに使う文字数の上限を定義します。
  7. OK]をクリックします。
ページのトップに戻る