管理対象デバイスのリストへのモバイルデバイスの追加

ユーザーのモバイルデバイスを管理対象デバイスのリストに追加するには、共有証明書をデバイスに配信してインストールされるようにする必要があります。共有証明書は、モバイルデバイスを識別するために管理サーバーで使用されます。共有証明書がモバイルデバイスに配信されてインストールされると、管理対象デバイスのリストにそのモバイルデバイスが表示されます。ユーザーのモバイルデバイスは、ウィザードを使用して管理対象デバイスのリストに追加されます。

新しいモバイルデバイスの接続ウィザードの起動

新しいモバイルデバイスの接続ウィザードを起動するには:

モバイルデバイスの追加方法を[モバイルデバイス]フォルダーの[モバイルデバイスの追加]を使用して選択した場合、ウィザードに[ユーザーを選択してください]ウィンドウが表示されます。[ユーザーを選択してください]ウィンドウで、モバイルデバイスを管理対象デバイスのリストに追加する場合のユーザー、ユーザーグループ、または Active Directory ユーザーグループを選択します。

共有証明書を App Store へのリンクを使用して配信する場合のモバイルデバイスの追加

Kaspersky Safe Browser を App Store から iOS デバイスにインストールし、そのデバイスを管理サーバーに接続するには:

  1. ウィザードの[オペレーティングシステム]ウィンドウで、モバイルデバイスのオペレーティングシステムの種別として[iOS]を選択します。
  2. ウィザードの[iOS MDM デバイスの保護方法]ウィンドウで、[App Store から Kaspersky Safe Browser をインストール]をオンにします。
  3. ウィザードの[証明書ソース]ウィンドウで、管理サーバーがモバイルデバイスの識別に使用する共有証明書の作成方法を指定します。次のいずれかの方法で、共有証明書を指定できます:
  4. ウィザードの[ユーザー通知方法]ウィンドウで、証明書の作成に関する SMS またはメールによってモバイルデバイスユーザーに通知する場合の設定を定義します。
    • インストールパッケージへのリンクを表示:
    • Kaspersky Safe Browser にリンクを送信する:
  5. 結果]ウィンドウで、[完了]をクリックして、証明書インストールウィザードを閉じます。

ウィザードでの処理が完了すると、リンクと QR コードがユーザーのモバイルデバイスに送信され、App Store から Kaspersky Safe Browser をダウンロードできるようになります。ユーザーがリンクをクリックするか QR コードをスキャンします。その後、モバイルデバイスのオペレーティングシステムが、Kaspersky Safe Browser のインストールに同意するようユーザーに求めます。ユーザーがモバイルデバイスに Kaspersky Safe Browser をインストールします。インストール後、ユーザーは QR コードを再スキャンして管理サーバーの接続設定を取得します。QR コードを Safe Browser で再スキャンすることにより、管理サーバーの接続設定と共有証明書が取得されます。モバイルデバイスが管理サーバーに接続して共有証明書をダウンロードします。 モバイルデバイスにインストールされた証明書は、コンソールツリーの[モバイルデバイス管理]フォルダーの[モバイルデバイス]サブフォルダーに表示されます。

Kaspersky Safe Browser がすでにモバイルデバイスにインストールされている場合は、管理サーバーへの接続設定をユーザーが入力する必要があります。その後、モバイルデバイスに共有証明書をインストールしてください。この場合は、Kaspersky Safe Browser のダウンロードもインストールも行われません。

共有証明書を iOS MDM プロファイルで配信する場合のモバイルデバイスの追加

iOS デバイスを iOS MDM を使用して管理サーバーに接続するには:

  1. ウィザードの[オペレーティングシステム]ウィンドウで、モバイルデバイスのオペレーティングシステムの種別として[iOS]を選択します。
  2. ウィザードの[iOS MDM デバイスの保護方法]ウィンドウで、[iOS MDM サーバーの iOS MDM プロファイルを使用]をオンにします。

    下に表示されるフィールドで、iOS MDM サーバーを選択します。

  3. ウィザードの[証明書ソース]ウィンドウで、管理サーバーがモバイルデバイスの識別に使用する共有証明書の作成方法を指定します。次のいずれかの方法で、共有証明書を指定できます:
  4. ウィザードの[ユーザー通知方法]ウィンドウで、証明書の作成に関する SMS またはメールによってモバイルデバイスユーザーに通知する場合の設定を定義します。
    • インストールパッケージへのリンクを表示:
    • Kaspersky Safe Browser にリンクを送信する:
  5. 結果]ウィンドウで、[完了]をクリックして、証明書インストールウィザードを閉じます。

iOS MDM プロファイルが Kaspersky Security Center Web サーバーで自動的に公開されます。モバイルデバイスのユーザーが、Web サーバーから iOS MDM プロファイルをダウンロードするためのリンクが記載された通知を受信します。ユーザーが、リンクをクリックします。モバイルデバイスのオペレーティングシステムが、iOS MDM プロファイルのインストールに同意するようユーザーに求めます。ユーザーは、iOS MDM プロファイルをモバイルデバイスにダウンロードできるようにするため、まず iOS MDM プロファイルのインストールに同意する必要があります。 iOS MDM プロファイルがダウンロードされ、モバイルデバイスが管理サーバーと同期されると、そのデバイスが、コンソールツリーの[モバイルデバイス管理]フォルダーにある[モバイルデバイス]フォルダーに表示されます。

ユーザーがリンクを使用して Kaspersky Security Center Web サーバーに移動するには、モバイルデバイスでポート 8061 経由での管理サーバーとの接続が確立されている必要があります。

共有証明書を Google Play へのリンクを使用して配信する場合のモバイルデバイスの追加

Kaspersky Endpoint Security for Android を Google Play から KES デバイスにインストールし、そのデバイスを管理サーバーに接続するには:

  1. ウィザードの[オペレーティングシステム]ウィンドウで、モバイルデバイスのオペレーティングシステム種別として[Android]を選択します。
  2. ウィザードの[Kaspersky Endpoint Security for Android のインストール方法]ウィンドウで[Google Play のリンクを使用]をオンにします。
  3. ウィザードの[証明書ソース]ウィンドウで、管理サーバーがモバイルデバイスの識別に使用する共有証明書の作成方法を指定します。次のいずれかの方法で、共有証明書を指定できます:
  4. ウィザードの[ユーザー通知方法]ウィンドウで、証明書の作成に関する SMS またはメールによってモバイルデバイスユーザーに通知する場合の設定を定義します。
    • インストールパッケージへのリンクを表示:
    • Kaspersky Safe Browser にリンクを送信する:
  5. 結果]ウィンドウで、[完了]をクリックして、証明書インストールウィザードを閉じます。

ウィザードが終了すると、リンクと QR コードがユーザーのモバイルデバイスに送信され、Kaspersky Endpoint Security for Android をダウンロードできるようになります。ユーザーがリンクをクリックするか QR コードをスキャンします。その後、モバイルデバイスのオペレーティングシステムが、Kaspersky Endpoint Security for Android のインストールに同意するようユーザーに求めます。Kaspersky Endpoint Security for Android がダウンロードされてインストールされると、デバイスが管理サーバーに接続して、共有証明書をダウンロードします。証明書がモバイルデバイスにインストールされると、そのモバイルデバイスが、コンソールツリーの[モバイルデバイス管理]フォルダーにある[モバイルデバイス]フォルダーに表示されます。

共有証明書をモバイルアプリ内で配信する場合のモバイルデバイスの追加

Kaspersky Endpoint Security for Android を Android デバイスにインストールし、そのデバイスを管理サーバーに接続するには:

管理サーバーで公開された Kaspersky Endpoint Security for Android をインストールに使用します。

  1. ウィザードの[オペレーティングシステム]ウィンドウで、モバイルデバイスのオペレーティングシステム種別として[Android]を選択します。
  2. ウィザードの[Kaspersky Endpoint Security for Android のインストール方法]ウィンドウで[Web サーバーのリンクを使用]をオンにします。

    下に表示されるフィールドで、インストールパッケージを選択するか、[新規]をクリックして新規インストールパッケージを作成します。

  3. ウィザードの[証明書ソース]ウィンドウで、管理サーバーがモバイルデバイスの識別に使用する共有証明書の作成方法を指定します。次のいずれかの方法で、共有証明書を指定できます:
  4. ウィザードの[ユーザー通知方法]ウィンドウで、証明書の作成に関する SMS またはメールによってモバイルデバイスユーザーに通知する場合の設定を定義します。
    • インストールパッケージへのリンクを表示:
    • Kaspersky Safe Browser にリンクを送信する:
  5. 結果]ウィンドウで、[完了]をクリックして、証明書インストールウィザードを閉じます。

Kaspersky Endpoint Security for Android のモバイルアプリケーションパッケージが自動的に Kaspersky Security Center Web サーバーで公開されます。モバイルアプリケーションパッケージには、アプリ、モバイルデバイスから管理サーバーへの接続設定、および証明書が含まれます。モバイルデバイスのユーザーが、Web サーバーからパッケージをダウンロードするためのリンクが記載された通知を受信します。ユーザーが、リンクをクリックします。その後、デバイスのオペレーティングシステムが、モバイルアプリケーションパッケージのインストールに同意するようユーザーに求めます。ユーザーが同意すると、パッケージがモバイルデバイスにダウンロードされます。パッケージがダウンロードされ、モバイルデバイスが管理サーバーと同期されると、そのデバイスが、コンソールツリーの[モバイルデバイス管理]フォルダーにある[モバイルデバイス]フォルダーに表示されます。

ページのトップに戻る