クラスタノードの再起動

製品の ISO イメージを導入した場合にのみ、Web インターフェイスで再起動を実行できます。RPM パッケージまたは DEB パッケージから製品を導入した場合、再起動はオペレーティングシステムのツールを使用して実行します。

OpenSSL ライブラリのアップデートなどの一部のアップデートを適用するには、ノードのオペレーティングシステムの再起動が必要になる場合があります。この場合、クラスタノードのリストが[オペレーティングシステムの再起動が必要です]通知を表示します。

製品のメイン Web インターフェイスでコントロールノードを再起動するには:

  1. 製品のメイン Web インターフェイスで、[ノード]セクションを選択します。
  2. クラスタノードのリストでコントロールノードを選択します。

    ウィンドウが開き、ノードに関する情報が表示されます。

  3. 再起動]をクリックします。
  4. 確認ウィンドウで、[OK]をクリックします。

オペレーティングシステムが再起動されます。これには時間を要する場合があります。数分後に、ブラウザーでページを再読み込みしてください。再起動が完了したら、本製品の Web インターフェイスに接続するためのページが表示されます。

再起動が完了するまで、トラフィック処理は停止します。

製品のメイン Web インターフェイスでセカンダリノードを再起動するには:

  1. 製品のメイン Web インターフェイスで、[ノード]セクションを選択します。
  2. クラスタノードのリストで、再起動するセカンダリノードを選択します。

    ウィンドウが開き、ノードに関する情報が表示されます。

  3. ノード管理へ移動]をクリックして、セカンダリノードの Web インターフェイスにアクセスします。

    Web インターフェイスに接続するためのページがブラウザーの新しいタブで表示されます。

  4. アカウントの認証情報を入力し、セカンダリノードに接続します。
  5. 再起動]をクリックします。
  6. 確認ウィンドウで、[OK]をクリックします。

オペレーティングシステムが再起動されます。これには時間を要する場合があります。数分後に、ブラウザーでページを再読み込みしてください。再起動が完了したら、セカンダリノードの Web インターフェイスに接続するためのページが表示されます。

再起動が完了するまで、トラフィック処理は停止します。

ページのトップに戻る