SNMP を使用した本製品の管理

SNMP(Simple Network Management Protocol)はネットワークデバイスを管理するためのプロトコルです。

Kaspersky Secure Mail Gateway はSNMP プロトコルを介して動作するために、SNMP エージェントを使用して本製品の動作に関する情報を追跡します。Kaspersky Secure Mail Gateway は統計情報、またはプログラムイベントに関する通知である SNMP トラップの形式でこの情報を送信できます。

SNMP プロトコルを使用することで、製品に関する次の情報にアクセスできます:

これらの情報について許可されるのは、読み取りのみです。

SNMP トラップと SNMP を使用して送信される統計情報に関する情報は、MIB データベースに保存されます。各クラスタノードのローカル snmpd サービスは、統計情報を受信する SNMP サーバーとして機能します。AgentX プロトコルを介した外部 SNMP サーバーとのやり取りはサポートされていません。SNMP トラップは、各クラスタノードで snmptrapd サービスを使用してローカルに受信することも、外部サーバーにリダイレクトすることもできます。

SNMP プロトコルを使用して動作する場合は、各クラスタノードのオペレーティングシステムで snmpd サービスをあらかじめ設定します。

このセクションの内容

SNMP 接続の暗号化の設定

オペレーティングシステムでの snmpd サービスの設定

Kaspersky Secure Mail Gateway での SNMP プロトコルの使用の有効化と無効化

SNMP サーバー接続の設定

SNMP トラップの転送の有効化と無効化

Kaspersky Secure Mail Gateway の MIB オブジェクトの説明

MIB オブジェクトのエクスポート

ページのトップに戻る