製品導入オプション

VMware インフラストラクチャの構成に応じて、以下の製品導入オプションがサポートされています:

  1. VMware vCenter Server と VMware NSX Manager で管理されるインフラストラクチャでは、以下の製品コンポーネントをインストールできます:
    • Kaspersky Security 管理プラグイン
    • Integration Server と Integration Server 管理コンソール
    • ファイルアンチウイルス
    • ネットワーク脅威の検知

    ファイルアンチウイルスとネットワーク脅威の検知は、これらの Kaspersky Security コンポーネントがインストールされた SVM を VMware ESXi ハイパーバイザーに導入することでインストールされます。SVM を導入するには、Kaspersky Security のファイルシステム保護サービス(Kaspersky File Antimalware Protection)とネットワーク保護サービス(Kaspersky Network Protection)を VMware NSX Manager に登録して VMware クラスターに導入する必要があります。

    Kaspersky Security サービスの登録と導入に必要な設定は、Integration Server 管理コンソールで入力します。

    Kaspersky Security サービスの登録は、Integration Server で実行します。

    Kaspersky Security サービスの導入は、VMware vSphere Web Client コンソールで実行します。

  2. VMware vCenter Server と VMware vShield Manager で管理されるインフラストラクチャでは、以下の製品コンポーネントをインストールできます:
    • Kaspersky Security 管理プラグイン
    • Integration Server と Integration Server 管理コンソール
    • ファイルアンチウイルス:以前のバージョンの製品(Kaspersky Security for Virtualization 3.0 Agentless、Kaspersky Security for Virtualization 3.0 Service Pack 1 Agentless、Kaspersky Security for Virtualization 4.0 Agentless)がインフラストラクチャにインストールされている場合、ファイルアンチウイルスを Kaspersky Security for Virtualization 4.0 Service Pack 1 Agentless のバージョンにアップグレードできます

    ファイルアンチウイルスをインストールまたはアップグレードするには、ファイルアンチウイルスをインストールした SVM を VMware ESXi ハイパーバイザーに導入します。ファイルアンチウイルスをインストールした SVM を導入するには、Integration Server 管理コンソールから開始するウィザードを使用します。

    Kaspersky Security for Virtualization 4.0 Service Pack 1 Agentless のネットワーク脅威の検知は、VMware vCenter Server と VMware vShield Manager で管理されるインフラストラクチャにはインストールされません。ネットワークの脅威から保護するために、Kaspersky Security for Virtualization 3.0 Agentless または Kaspersky Security for Virtualization 3.0 Agentless Service Pack 1 の一部としてインストールされているネットワーク脅威の検知を使用できます。

    VMware vCenter Server と VMware vShield Manager で管理されるインフラストラクチャを使用しているユーザーのテクニカルサポートは、拡張テクニカルサポート(Kaspersky Maintenance Service Agreement Enterprise / Business / Plus)の一部としてのみ提供されます。VMware vCenter Server と VMware NSX Manager で管理されるインフラストラクチャを使用しているユーザーのテクニカルサポートは、標準のテクニカルサポートの一部として提供されます。

ページのトップに戻る