ライセンスの自動配信

Kaspersky Security Center では、管理サーバーのライセンスリポジトリにあるライセンスを管理対象デバイスに自動配信できます。

管理対象デバイスにライセンスを自動配信するには:

  1. コンソールツリーで、[カスペルスキーのライセンス]フォルダーを選択します。
  2. フォルダーの作業領域で、デバイスに自動配信するライセンスを選択します。
  3. 次のいずれかの方法で、選択したライセンスのプロパティウィンドウを開きます:
    • ライセンスのコンテキストメニューの[プロパティ]を選択します。
    • ライセンスの情報ボックスで[ライセンスのプロパティを表示]をクリックします。
  4. ライセンスのプロパティウィンドウで[自動配信されるライセンス]をオンにします。ライセンスのプロパティウィンドウを閉じます。

ライセンスはすべての互換性のあるデバイスに現在のライセンスまたは予備のライセンスとして配信されます。

ライセンスはネットワークエージェント経由で配信されます。アプリケーションに対する予備のライセンスの配信タスクは作成されません。

ライセンスが現在のライセンスまたは予備のライセンスとして自動配信される際、デバイス数へのライセンスの制限が適用されます(ライセンスの制限は、ライセンスのプロパティで設定済み)。ライセンス数の上限に達した場合は、デバイスへの配信は自動的に停止します。

ページのトップに戻る