トレースの有効化と無効化、トレースファイルのダウンロード

すべて表示 | すべて非表示

リモートデバイスでのトレースを有効にするには:

  1. リモート診断ユーティリティを実行して、目的のデバイスに接続します
  2. デバイスのオブジェクトツリーで、トレースを有効にするアプリケーションを選択します。

    デバイスが管理サーバーのツールを使って接続している場合にだけ、セルフディフェンス機能があるアプリケーションのトレースを有効または無効にすることができます。

    ネットワークエージェントのトレースの有効化は、[アップデートのインストールと脆弱性の修正]タスクの作成時に行うこともできます。この場合、リモート診断ユーティリティでネットワークエージェントのトレースが無効になっていても、ネットワークエージェントはトレース情報を書き込みます。

  3. トレースを有効にするには:
    1. リモート診断ユーティリティウィンドウの左側で、[トレースを有効化]をクリックします。
    2. トレースレベルの選択]ウィンドウで表示される設定の既定値は変更しないことを推奨します。設定値の編集が必要な場合は、テクニカルサポート担当者が必要な変更をご案内します。次の設定を使用できます:
      • トレースレベル
      • ローテーションありトレース(Kaspersky Endpoint Security でのみ使用可能)
    3. OK]をクリックします。
  4. Kaspersky Endpoint Security では、テクニカルサポート担当者がシステムのパフォーマンス情報の Xperf トレースを有効にするようにお願いする場合があります。

    Xperf トレースを有効にするには:

    1. リモート診断ユーティリティウィンドウの左側で、[Xperf トレースを有効化]をクリックします。
    2. トレースレベルの選択]ウィンドウが開くので、テクニカルサポート担当者からの依頼内容に応じて、いずれかのトレースレベルを選択してください。
      • 低レベル
      • 高レベル
    3. 次のいずれかのトレース種別を選択します:
      • 基本
      • 再起動時
    4. トレースファイルのサイズが大きくなり過ぎないように、[ローテーションありトレース]を有効にするように依頼される場合もあります。続いて、トレースファイルの最大サイズを設定します。ファイルが指定した最大サイズに達すると、最も古いトレース情報が削除され、新しい情報が上書きされます。
    5. OK]をクリックします。

    場合によっては、トレースを有効にするには、セキュリティ製品とタスクを再起動しなければならないことがあります。

リモート診断ユーティリティで、選択したアプリケーションのトレースが有効になります。

アプリケーションのトレースファイルをダウンロードするには:

  1. リモート診断ユーティリティのクライアントデバイスへの接続」の説明に従って、リモート診断ユーティリティを実行し、目的のデバイスに接続します。
  2. アプリケーションのフォルダーの[トレースファイル]フォルダーで、目的のファイルを選択します。
  3. リモート診断ユーティリティウィンドウの左側で、[ファイルをダウンロード]をクリックします。

    ファイルのサイズが大きい場合、最も新しいトレースの部分をダウンロードできます。

    ハイライトされたトレースファイルを削除できます。ファイルを削除するには、トレースを無効にする必要があります。

選択したファイルが、ウィンドウ下部に表示されるパスにダウンロードされます。

リモートデバイスでのトレースを無効にするには:

  1. リモート診断ユーティリティのクライアントデバイスへの接続」の説明に従って、リモート診断ユーティリティを実行し、目的のデバイスに接続します。
  2. デバイスのオブジェクトツリーで、トレースを無効にするアプリケーションを選択します。

    デバイスが管理サーバーのツールを使って接続している場合にだけ、セルフディフェンス機能があるアプリケーションのトレースを有効または無効にすることができます。

  3. リモート診断ユーティリティウィンドウの左側で、[トレースを無効化]をクリックします。

リモート診断ユーティリティで、選択したアプリケーションのトレースが無効になります。

ページのトップに戻る