自動でのデバイスのタグ付け

管理サーバーのプロパティウィンドウで、自動タグルールを作成、編集することができます。

デバイスを自動的にタグ付けするには:

  1. コンソールツリーで、タグルールを指定する管理サーバーの名前のノードを選択します。
  2. 管理サーバーのコンテキストメニューから[プロパティ]を選択します。
  3. 管理サーバーのプロパティウィンドウで、[タグルール]セクションを選択します。
  4. タグルール]セクションで、[追加]をクリックします。

    新規ルール]ウィンドウが表示されます。

  5. 新規ルール]ウィンドウで、ルールのプロパティ全般を設定します:
    • ルール名を指定します。

      ルール名は 255 文字以下で、特殊文字("*<>?\:|)を含めることはできません。

    • ルールを有効にする]を使用して、ルールを有効または無効にします。

      既定では、[ルールを有効にする]はオンになっています。

    • タグ]にタグ名を入力します。

      タグ名は 255 文字以下で、特殊文字("*<>?\:|)を含めることはできません。

  6. 条件]セクションで、[追加]をクリックして新しい条件を追加するか、[プロパティ]をクリックして既存の条件を編集します。

    [新規自動タグルール条件ウィザード]ウィンドウが表示されます。

  7. タグの割り当て条件]ウィンドウで、タグ付けに作用する条件のチェックボックスをオンにします。複数の条件を選択できます。
  8. 選択したタグ付け条件に応じて、対応する条件を設定するためのウィンドウがウィザードに表示されます。次の条件によりルールのトリガーを設定します:
    • デバイスの使用または特定のネットワークとの関連付け - デバイスのネットワークプロパティ(Windows ネットワーク上のデバイス名、デバイスがドメインまたは IP サブネットに含まれるかなど)
    • Active Directoryの使用 - Active Directory 組織単位内のデバイスの存在および Active Directory グループ内のデバイスの所属
    • 特定のアプリケーション - デバイス上のネットワークエージェントの存在、オペレーティングシステムの種別、バージョン、アーキテクチャ
    • 仮想マシン - デバイスが仮想マシンの特定の種別に属しているかどうか
    • アプリケーションレジストリによるインストール済アプリケーション - デバイス上の異なる製造元によるアプリケーションの存在
  9. 条件を設定した後、その名前を入力し、ウィザードを閉じます。

    必要に応じて、1 つのルールに対して複数の条件を設定できます。この場合、タグは少なくとも 1 つの条件を満たすデバイスに割り当てられます。追加した条件は、ルールのプロパティウィンドウに表示されます。

  10. 新規ルール]ウィンドウの[OK]をクリックして、管理サーバーのプロパティウィンドウの[OK]をクリックします。

新しく作成されたルールは、選択した管理サーバーによって管理されているデバイスに適用されます。デバイスの設定がルールの条件を満たす場合、そのデバイスにタグが割り当てられます。

ページのトップに戻る