管理サーバーパフォーマンステストの結果

管理サーバーのパフォーマンステストの結果により、管理サーバーが特定の時間内に同期できるクライアントデバイス数の上限を決定できます。この情報により、コンピューターネットワークにおけるアンチウイルスの実装に最適なスキームを選択できます。

テストに使用されたハードウェアの設定は下表のとおりです:

管理サーバー用ハードウェアの設定

 

パラメータ

CPU

Intel Xeon CPU E5506、クロック速度:2.13 GHz、ソケット数:1、コア数:8

メモリ

4 GB

ハードディスク

IBM ServeRAID M5015 SCSI Disk Device、928 GB

オペレーティングシステム

Microsoft Windows Server 2008 R2 Standard Service Pack 1 6.1.7601

ネットワーク

Broadcom BCM5709C NetXtreme II GigE(NDIS VBD Client)

SQL Server ホストのハードウェア設定

 

パラメータ

CPU

Intel Xeon CPU E5630、クロック速度:2.53 GHz、ソケット数:1、コア数:8、論理プロセッサ数:16

メモリ

26 GB

ハードディスク

IBM ServeRAID M5014 SCSI Disk Device、929 GB

オペレーティングシステム

Microsoft Windows Server 2012 R2 Standard 6.3.9600

ネットワーク

Broadcom BCM5709C NetXtreme II GigE(NDIS VBD Client)

管理サーバーは、500 台の仮想管理サーバーの作成をサポートしていました。

同期は、10,000 台の管理対象デバイスに対して 15 分間隔でした(下表参照)。

管理サーバー負荷のテスト結果概要

 

同期間隔(分)

管理対象デバイスの数

15

10,000

30

20,000

45

30,000

60

40,000

75

50,000

90

60,000

105

70,000

120

80,000

135

90,000

150

100,000

管理サーバーから MySQL および SQL Express データベースサーバーに接続している場合、本製品を使用して 5000 台を超えるデバイスを管理しないようにしてください。

ページのトップに戻る